HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 中河内地域 » 布施高等学校 定時制の課程


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

布施高等学校 定時制の課程

取組み(2)

[平成27年度] 生徒会の生徒を中心とする「あいさつ運動」を実施しました!

活動内容
<1回目>
 9月25日(金)の放課後に学校周辺で、生徒会の生徒が中心となって「あいさつ運動」を行いました。有志の生徒たちは、「こころの再生」府民運動の啓発ティッシュ等を配りながら地域の方々に元気よくあいさつをしました。
<2回目>
 10月30日(金)の生徒登校時間に校門で、生徒会の生徒が中心となって「あいさつ運動」を行いました。有志の生徒たちは、ハロウィンの仮装をしてキャンディを渡しながら登校する他の生徒にあいさつをしました。

効果
 本校は、夜間に行事を行う事が多くあり、生徒たち自身が地域の方々に理解を求めることがあります。今回「あいさつ運動」を実施するにあたり地域の方々に理解を求めることを通じて、地域への心遣いの大切さを感じることができました。また、2回目の「あいさつ運動」を通じて、仲間意識を高めることができました。


取組み(1)

[平成26年度] 生徒会による『あいさつ運動』と1年生による『地域清掃』

昨年より生徒会を中心として、あいさつ運動に取り組んでいます。

平成26年7月4日(金)に、生徒会の生徒が校門に立ち、あいさつ運動を行いました。また、文化祭前の9月18日(木)には、学校周辺を回り、あいさつ運動を行いました。

 

 

本校では、いつもお世話になっている地域のため、毎年、1年生全員で学校周辺の地域清掃に取り組んでいます。平成26年12月22日(月)の1時間目に、学校周辺と近鉄八戸ノ里駅周辺の清掃を行いました。暗い中なので、懐中電灯を使って手元を照らしながら、ほうきや火ばさみを使ってごみを拾っていきました。道行く人には、「ご苦労様」と声をかけられることもあり、地域の学校として認められているようです。

 

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ