HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 今宮工科高等学校 定時制の課程


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

今宮工科高等学校 定時制の課程

取組み(2)

あいさつ運動

活動内容
 定時制高校では、中学校で不登校を経験した生徒が多くいます。そこで、頑張って学校へ登校している生徒を温かく迎え入れることで学校生活の励みになればと教員一同、雨天時でも生徒と共に正門であいさつ運動を実践しています。

効果
 一朝一夕には変化を望むことはできませんが、少しずつ生徒の表情が和らいでいるように感じています。
 あいさつ運動を通してコミュニケーションを積極的に取り、一人でも多くの生徒が充実した学校生活となるよう努めていきます。


取組み(1)

挨拶運動と備蓄米試食

①   あいさつ運動

  定時制課程においても、あいさつ運動を積極的に行っており、教員と共に生徒が生徒の登校を迎え、取組んでいます。あいさつは社会生活の潤滑油です。特に本校では、高校卒業と同時に社会人へ出ていく生徒が大半なので、あいさつの重要性を生徒に感じ取らせ、あいさつのできる人材を送り出したいと思っています。

 

 

 

②    備蓄米の試食

  文化祭で大阪府政策企画部危機管理室より提供を受けた備蓄米(アルファ化米)の試食を生徒自治会の企画で行いました。生徒は、危機管理について学び、生命について考えることもできたようです。

 

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ