HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 泉南地域 » 貝塚市立西小学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

貝塚市立西小学校

取組み(1)

あいさつ運動(毎朝、元気に「あいさつ」運動!)

朝、校門に立って子どもたちに声かけをしていますと、あちらこちらから、かわいい声が飛んできます。
「校長先生、おはようございます!」
「校長先生、ぼくの名前、覚えてくれた。」などなど。

西小学校は、創立100周年を迎え、保護者や地域の方々に見守られ、地域と共に歩んできた歴史ある伝統校です。現在、851名の子どもたちが、「みんなで楽しい学校にする」という学校目標の下、「笑顔が輝く学校づくり」に取り組んでいます。
楽しい学校にしていくには、子どもたちがしっかり学び、友だちと仲良くし、元気に登下校することですが、家庭や地域の方々とがっちりスクラム組んで「学校づくり」を進めることが重要であると考えます。
本校では、PTAや地域の方々のあたたかいお力添えをいただき、朝の子どもたちの登校を見守る「あいさつ運動」の取り組みなど、子どもたちの「学び」と「はぐくみ」が支えられています。
私は、あいさつは「心の開放」だと思います。「おはようございます。」と呼びかけて、「おはようございます。」と明るい元気な声がかえってくると、一日が実にすがすがしく気持ちがいいものです。
自分の考えをはっきり言える基本は、まずは、心から誰に対しても素直に「おはようございます。」とあいさつできることからではないかと思います。
これからも、学校ぐるみで「こころの再生」府民運動の一環として「あいさつ運動」に取り組んでいきたいと考えます。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ