HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 南河内地域 » 河南町立大宝小学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

河南町立大宝小学校

取組み(1)

○わたしたちは「あいさつ」運動の取り組みを行いました。

①なぜ「あいさつ」が必要なのかを話し合いました。

・ あいさつをすると元気になる。
・ あいさつができないことは恥ずかしいことである。
・ あいさつをするといろいろな人と仲良くなれたり理解できたりする。

(あいさつのポイント)
・ 自分からあいさつをする。
・ 相手の顔を見てあいさつをする。
・ 大きな声であいさつをする。

 

②代表委員会として取り組んだこと

・ あいさつランキング
元気よくあいさつができたら一票入れます。自己判定です。
1位になったクラスは朝礼で前に出て、あいさつのお手本を見せてもらいました。
・ ポスターづくり
一人でも多くの人があいさつしてもらえるようにポスターを作りました。
廊下や玄関にはりました。
・ あいさつ運動
朝、登校したら校門であいさつをします。
大きな声を出してみると気持ちがいいです。

 

○取り組みを終えて

あいさつは元気になれるだけでなく、こころとこころをつなぐことができる大切なものだと思いました。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ