HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 三島地域 » 島本高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

島本高等学校

取組み(5)

朝のあいさつ運動と地域清掃活動

本校では、毎月第2火曜日の朝8時から、PTAの方が、最寄りのJR島本駅改札口前または本校正門前で、登校してくる生徒や通行する地域住民にあいさつや声掛け運動を行うとともに、生徒会役員が正門で登校してくる仲間たちに「おはようございます」とあいさつする活動を行っています。

平成26年11月11日(火)には、島本駅改札口前にて「おはようございます」とあいさつしながら、「こころの再生」府民運動のポケットティッシュを配布し、12月24日(水)には、「ほめる、笑う、しかる」のマグネットバーとパンフレットを配布しました。

   

終業式終了後に、生徒会役員やクラブ員を中心に生徒約220名が通学路を中心に地域清掃活動を行うとともに、通行する地域住民の方々に「こんにちは」とあいさつする活動を実施しました。また、地域清掃活動のあと、PTA実行委員さんが作ってくださった五目御飯と豚汁をおいしくいただき、心も身体もほっこりと温まるひと時をすごしました。

 

取組み(4)

平成25年12月18日(水)朝、島本高等学校の保育専門コースの生徒たちが、島本町立第四保育園に子どもを預けにきた保護者の方々へ「こころの再生」府民運動PRグッズ「マグネットバー」を配りました。マグネットバーを配りながら「こころの再生」府民運動への理解と協力を訴えると、園児や保護者の方々から「ありがとう」と声をかけていただきました。そのあとクリスマス音楽交流会が開かれ、生徒たちは園児といっしょに歌ったり、手作りのプレゼントを配ったりして楽しいひと時をすごしました。

 

 

 

 

 

取組み(3)

 平成24年11月28日(水)夕刻に、島本高等学校の生徒会や保育専門コースの生徒とPTAの方々が、島本町立第四保育園で子どもを迎えにきた保護者の方々へ「こころの再生」府民運動ロゴマーク入り自転車前かごカバーを配りました。

 この保育園は、島本高等学校の保育専門コースの生徒が実習で訪れる園でもあり、生徒たちが「こころの再生」府民運動の説明を保護者へ行い、自転車前かごカバーを配ると、園児や保護者の方々から「ありがとう」や「また明日ね~」と声をかけていただき、非常に和やかな雰囲気でした。

集合写真

配布の様子

取組み(2)

あいさつ運動

 平成24年11月1日(木)に、島本高等学校の生徒やPTAの方々が、学校正門前やJR島本駅前であいさつ運動を実施しました。

島本高校正門では野球部員が、毎朝あいさつ運動をしています。校門にはあいさつ運動ののぼりも掲げ登校する生徒たちに大きな声で「おはようございます」とあいさつをし、登校する生徒たちも「おはようございます」と返していました。

 JR島本駅前では、毎月の月はじめにPTAと島本町地域コーディネーターの方々が一緒になって、のぼりを何本も掲げ登校する生徒たちにあいさつを呼びかけていただいています。

島本高校正門前のあいさつ運動の様子

JR島本駅前でのあいさつ運動の様子

取組み(1)

朝の挨拶運動

活動内容
昨年度1月から本校野球部部員全員で正門前に立ち、午前7時50分から朝の挨拶運動を始めました。本来は野球部部員自身が規律正しい学校生活を自ら率先垂範するためでした。当初、野球部全部員や顧問教諭、監督、コーチら25名が毎朝、正門で元気に挨拶を交わしてくれるので、次第に挨拶を受ける他の生徒たちも挨拶を返すようになって来ました。
今では、正門だけでなく、校内でも元気に挨拶を交わすようになっています。
さらにPTAが、今年度6月より毎月初めに登校時のあいさつ運動に加わってを実施することになりました。以後8月以外のすべての月初めまたは学期初めに多数のPTA学級委員の方々にご参加いただき、正門で登校する生徒たちへ声をかけています。また、PTAは正門だけでなく、JR島本駅から学校までの通学路や駅前にも分かれて立って、登校する生徒や出勤・通学へ向かう町の方々へも挨拶を交わしています。

効果
地域の方々に本校の取組みが正しく理解されるようになってきた。
校内外で元気に「あいさつ」を交わす習慣が生徒の増えてきた。
PTAが積極的に学校の生徒指導に参画して、地域・家庭・学校が連携して生徒を育む学校となってきた。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ

トップページへ