HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 三島地域 » 吹田高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

吹田高等学校

取組み(5)

 11月10日(土)朝、吹田高校正門でクラブ部員が中心となった「あいさつ運動」がおこなわれました。クラブ部員が元気よく「おはよう」のあいさつをすると、登校する生徒たちも「おはよう」と気持ちよくあいさつを返していました。 

 また、午後からは学校説明会があり、吹田高校の法被を着たダンス部の部員が中心となって、説明会に参加する中学生や保護者の方に「こころの再生」府民運動のPRグッズ「自転車前かごカバー」を配布しました。府民運動を呼びかけながら配布する高校生と、話を聞いている中学生の和やかな光景が大変微笑ましかったです。

吹田高等学校あいさつ運動の様子

吹田高等学校の学校説明会の様子

自転車前かごカバー取付時の様子

吹田高等学校 自転車前かごカバー取付の様子

取組み(4)

部活動を中心にした地域活動

活動内容
吹田高校では、年2回の地域清掃(クリーンキャンペーン)を実施し、平成23年度秋で25回になりました。今回は、地域清掃以外の取り組み~部活動を中心にした地域活動~について報告します。
①2月19日 軽音楽部と刀根山支援学校との交流
  軽音楽部の3年生4名で刀根山支援学校に伺いました。支援学校の生徒4名の前でアコースティックギターによる演奏を披露するとともに、課題曲を一緒に歌いました。
②3月27日 演劇部によるオープニングイベント参加
  吹田市に新しく完成した『夢つながり未来館』のオープニングイベントに、演劇部が参加しました。30分程度の小演劇『食べられません』を演じ、オープニングに花を添えました。
③6月18日 生徒会による吹田市立博物館行事への参加
  博物館企画シンポジウム『未来の万博』に吹田市内の3高校(吹田・吹田東・千里)が参加しました。本校生徒会は、万博の歴史についてパワーポイントを使って、万博が生まれた経緯や歴史を説明しました。その後、3校がそれぞれのテーマで未来について語りました。吹田高校は『未来の科学技術について』をテーマに、未来の携帯電話・未来の乗り物 などについて夢を語りました。
④7~8月 美術部・イラスト部によるトンネルアート
  今年度も美術部とイラスト部は、近隣の小学生と一緒に、JR岸辺駅近辺の長いガード下トンネルの壁に、絵(トンネールアート)を描きました。このガード下は、通勤や通学で利用する人が多く、通る人の目を楽しませています。この取り組みは、一昨年にテレビでも取り上げられました。
⑤11月19日 家庭科・家庭科部と特別養護老人ホームとの合同企画
  ホーム主催の『男の介護教室』の一講座として『男の料理教室』を本校の調理室で行いました。メニュー作成・準備・当日の指導を本校家庭科教諭で行いました。地域の方32名と本校家庭科部の生徒が一緒に、炊き込みご飯、魚料理、茶碗蒸しを作りました。
⑥11月20日 ダンス部と原町児童センターとの交流
  吹田市原町にある児童センター主催の『センター祭り』のオープニングにダンス部1年生が出演しました。近隣のこども達や保護者などおよそ50名が集まる中、祭りの盛り上げ役として大いに活躍しました。
⑦11月23日 演劇部による吹田市立博物館行事への参加
  博物館企画の行事に、演劇部が参加しました。吹田の昔話『青い龍』の紙芝居を読み聞かせるというものです。何度も何度も練習を重ねた結果、観客から好評を得ました。
⑧12月13日 家庭科部と幼稚園児との交流
  岸辺第一幼稚園の園児18名が本校を訪れ、家庭科部の生徒と交流しました。本校で栽培している地産の伝統野菜『吹田くわい』が入ったクッキーやホットケーキを作りました。
⑨12月15日 ダンスパーティー
  選択体育の授業にボールルームダンス(社交ダンス)を取り入れてから3年目になりました。昨年度に引き続き今年度も生徒と地域の方々とのダンスパーティーを行いました。前回以上に一緒にダンスを踊る姿が見受けられました。
効果
・地域交流をする部活動が増えて、交流の幅が広がった。
・評判も良く、継続した交流が期待される。
・地域交流に参加した生徒に、自尊心が生まれた。

取組み(3)

吹田くわいプロジェクトとダンスパーティー(地域交流)
○本校では、「クリーンキャンペーン」という地域清掃を年2回行っている。今年度はそれ以外の取り組みを報告する。
1.吹田くわいプロジェクト
本校では、地域の伝統野菜である「吹田くわい」を栽培している。「吹田くわい」を通じて、様々な地域交流を行った。
4月28日 片山中学校理科部と合同で「吹田くわい」の植付けを行う
7月17日 吹田市立博物館にて、イベントのオープニングセレモニーにゲスト出演
12月6日 片山中学校理科部と合同で「吹田くわい」の収穫を行う
12月15日 寿楽荘(特養)で「吹田くわい」を使って一緒に調理を行う
12月20日 岸辺第一幼稚園の園児を迎え「吹田くわい」クッキーと紙芝居での交流
1月15日 「吹田くわい研究発表会」を行う ※来場者52名
(内容)P.P.を用いた活動報告、なにわ伝統野菜に関する紙芝居、吹田くわいの歌披露
吹田くわい入りのクッキーと炊き込みご飯の試食会
2.ダンスパーティー
2学期より、3年生の選択体育でボールルームダンスの授業を実施
12月20日 地域の方々と、社交ダンスを通じた交流を行う ※来校者約60名
(内容)フリーダンスタイム、一般参加者の発表会、生徒と一般参加者とのダンス

取組み(2)

吹田高校では、年間2回の『クリーンキャンペーン』を実施しています。延べ400名の生徒が参加し、学校周辺、駅からの通学路の広いエリアの清掃を行って います。近隣の方へのあいさつも心掛けています。「ご苦労様」「ありがとう」などと声をかけられることも多く、あいさつの大切さを感じることができます。 また、豊かなこころを育成するために、生徒の手による『フラワーポット』を正門前に置く取り組みも進めています。登校時の生徒のみならず、前を通る近隣の 方の心を和ませています。(現在、フラワーポットは88個あります。)
本年度の1回目は、6月2日に250名の生徒が参加して行いました。今回は、参加者を事前に体育館に集め、『クリーンキャンペーンの意義』についての講 習会を実施しました。清掃活動が、『心のすさみをなくし、心をきれいにし、心を素直にする』ことにつながるという内容です。生徒たちは、熱心に聞いていま した。
『クリーンキャンペーン』は、吹田高校の『こころの再生』教育の一環として実施しています。今後、さらに充実していくことを期待していま す!

取組み(1)

吹田高校では、年間3回程度、クリーンキャンペーンを実施しています。

年間、のべ650名の生徒が参加して、学校を中心として吹田駅、岸辺駅方面までの広い エリアの清掃を行っています。

本年度の1回目は、5月24日に241名の生徒が参加して行いました。下の写真はその 時の様子です。

また、吹田高校では豊かなこころを育成するため、生徒が作ったフラワーポットを学校の正門前に置く取組みも進めています。

(現在、フラワーポットは74個あります。)

今回は約40名の生徒が参加し、フラワーポットに花を植えました。

その時の様子もあわせて紹介します。

クリーンキャンペーンもフラワーポット作成も、ともに吹田高校の「こころの再生」教育の一環として実施しています。

今後、さらに充実していくことを期待します!

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ

トップページへ