HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 中河内地域 » 柏原東高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

柏原東高等学校

取組み(7)

[平成28年度] 柏原市連携中学校との朝のあいさつ運動

活動内容
 11月22日(火)午前7時30分から約40分間、生徒会新執行員が、柏原中学校生徒会の皆さんと共同で、JR柏原駅前で早朝の「あいさつ運動」を実施しました。
 暖かい日差しが降り注ぐ中、本校の校長、柏原中学校の坂本教頭先生をはじめ各学校の先生方、柏原市教育委員会の吉原教育長、ほか多数の先生方や地元柏原ライオンズクラブの方々まで、たくさんのご参加をいただきました。
 生徒は総勢約20名で、通勤・通学される皆さんに元気よく大きな声であいさつを交わしました。あいさつと一緒に配布したポケットティッシュは、たくさんの人たちが受け取ってくれ、あっという間になくなりました。
 今後は他の柏原市立中学校生徒会とも連携して、河内国分駅を中心にあいさつ運動の輪を広げていきたいと思います。

効果
【生徒の感想】
◎ 挨拶をすると、たくさんの方々が挨拶を返してくださいました。
◎ ポケットティッシュもすごい早さでなくなったので、配布して良かったと思います。
◎ また柏原市の他の中学校の皆さんともあいさつ運動をやりたいです。

 上記のように、生徒からは良い感想がうかがえました。今後は、地域・学校全体をあげて取り組めるよう推進したいと思います。


h28-165-1

h28-165-3

柏原東② - コピー

h28-165-2

取組み(6)

[平成27年度] 総務部・生徒会部

活動内容
○ 総務部・PTA(生徒指導委員会)主催で、下校指導を約1時間実施しました
<内容>
 平成27年6月30日(火) 期末考査1日目
  下校する生徒に対し、「あいさつ」「車に気を付けて」「自転車の安全運転」等を声かけました。
<詳細>
 学校通用門付近から、JR高井田駅周辺までの通学路を数ヶ所のポイントに分け、人員を配置しました。
 PTAからのあいさつに対し、下校する生徒たちは、大きな声と会釈で答えていました。
   PTA参加 会長他16名
   学校参加 校長、教頭、総務部長他 計6名

○ 生徒会部・地域活性化事業「大とんど・地域文化交流会」へ出演しました
<内容>
 平成28年1月10日(日)、柏原市立国分中学校において、幼・少・中及び成人約700人が集まり、文化交流をしました。
<詳細>
 ステージ発表において、本校ダンス部(女子10名)が約15分間のダンスパフォーマンスを披露しました。
 部員たちは、柏原東で普段から大きな声であいさつしている以上に、満面の笑顔も合わせてステージ上から観客に向かって大きくあいさつしました。
 生徒たちが演舞開始・終了時に投げかけたあいさつに対し、観客側からも大きな拍手のお返しがありました。

効果
○ 総務部・PTA主催の下校指導において、生徒が「あいさつ」を通じて、地域と密接な関係を意識し、学校への帰属意識を高める効果がうかがえました。

○ 生徒会部(部活動)の活動をとおして、地域交流に高校生らしいさわやかな「あいさつ」をすることで、交流活動をより円滑に進めることができました。
  出演者・観客ともにさわやかな気持ちになれました。


320-1

320-2

取組み(5)

生徒会部・地域活性化事業への参加

 

生徒会部が地域活性化事業「大とんど・地域文化交流会」へ出演しました。

平成27年1月11日(日)、柏原市立国分中学校において、幼・少・中及び成人約800人が集まり、文化交流をしました。そのステージ発表において、本校ダンス部(女子15名)が約15分間のダンスパフォーマンスを披露しました。部員たちは、ステージ上から普段以上の大きな声で、満面の笑顔も合わせて観客に向かってあいさつをしていました。

生徒たちが演舞開始・終了時に投げかけたあいさつに対し、観客側からも大きなあいさつの返しがあり、出演者、観客ともにさわやかな気持ちになれました。

取組み(4)

1本の筆がつなぐ 「こころ」と「ココロ 」

活動内容
・2月11日(金)~13日(日) 第2回柏原市中高連携書写・書道展
柏原市民文化会館リビエールホールの一階ロビーに、中高連携書写・書道授業で作成した中学生の作品および書道の授業および書道部の高校生の作品合わせて約1000点を展示しました。作品の制作・展示および鑑賞を通して、6中1高の生徒や保護者が交流を深めることができました。
・5月24日(火)~7月15日(金)書写の出前授業(1期)
柏原市立6中学の1年生(全22クラス)の生徒に本校の書道教員が各クラス2時間ずつ行いました。単に作品を仕上げるだけでなく、高校での書道学習につながるよう「書」に向かう心構えから教えました。
・10月27日(木)~12月16日(金)書写の出前授業(2期)
最後には、2月の第3回柏原市中高連携書写・書道展に出展する作品を制作することを考えながら、自分の心をのびのび表現することを目標に実施しました。
・11月19日(土)書写から書道への錬成講座
「中高を通しての書写・書道」によるこころの育成を目的に、中学3年生も含め柏原6中学で参加を希望した生徒を対象に、柏原東高校で書写から書道への錬成会を行いました。

効果
書道を通して中学生や保護者と交流を深めることで、本校生の書道に取り組む気持ちや作品の作成意欲を高めることができた。また、中学校で書写の出前授業を受けた生徒達が本校に入学してくるのは、平成25年度からになるが、本校に対する地元の中学生や保護者の理解・関心が深まることにより、本校生の「自分を大切にする心」が育まれている。


kashiwarahigashi (1)

取組み(3)

地域で学び・地域で育ち、地域を支える、柏原東こころの再生運動
2月11日(木)~14日
・第1回柏原市中高連携書写・書道展(柏原市民文化会館リビエールホールにて、中高連携書写・書道連携授業での作品、中学校総数110点、本校93点、計約203点を展示)
3月13日(水)
・本校陸上部、柏原市立国分中学と合同練習(中学生25名参加)
3月14日(日)
・柏原市市民マラソン 本校生徒30名・教員5名が出場、他に応援10名程度
6月 5日(土)
・本校体育祭に、中学校の生徒会執行部を招待。柏原中学:生徒6名、教員1名。国分中学:生徒4名、教員1名。堅下北中学:生徒4名、教員1名。堅下南中学:生徒5名、教員1名。玉手中学:生徒1名、保護者2名。合計、生徒20名が参加した。
7月27日(火)
・男女バスケットボール部が玉手中学校バスケットボール部と交流。男子部員14名、女子部員8名参加。玉手中は、合計60人程参加。
8月19日(木)
・女子バスケットボール部、玉手中学バスケットボール部と交流。女子部員8名参加。玉手中学バスケットボール部は、1・2年生のみ参加。
11月 7日(日)
・地域の青山台自治会主催の大清掃に本校生徒95名参加PTA20名参加
12月24日(金)
・JR柏原駅構内掲示板へ本校の学校概要・俳句作品・クラブ写真等掲示
1月10日(月)
・国分中学で開催の「大とんど」に本校ダンス同好会出演

kashiwarahigashi3_1

kashiwarahigashi3_2

kashiwarahigashi3_3

取組み(2)

きれいな街は わたしたちの誇りです (通学路清掃)
学年ごとに清掃日を決め、保健部を中心に通学路清掃を行っている。今年度も22回の清掃活動を「総合的な学習の時間」等を利用して計画的に実施している。 (成果)①数年前に比べると校内や通学路へのポイ捨てゴミが減少した。 ②今年度はPTAの有志(父親の会)による地域清掃も計画されている。 ③PTAからの支援で、校門に「こころの再生」府民運動のロゴを入れたゴミ箱を設置した。

kashiwarahigashi

取組み(1)

「あいさつ運動の横断幕を設置しました」

毎朝取り組んでいますあいさつ運動の横断幕を設置しました。JR大和路線から見える位置です。

kashiwarahigashi1 (1)

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ