HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 南河内地域 » 富田林高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

富田林高等学校

取組み(6)

富高ビッグスマイルプロジェクト

活動内容
1.東日本大震災支援活動
  ①募金活動
   *街頭や校内で募金活動を行い、日赤(約6万円)や岩手県立宮古工業高校(約50万円)に寄附を
行った。
  ②被災地でのボランティア活動
   *生徒・教員21名が12月末に2日間、岩手県大槌町でボランティア活動を行った。
2.地域の環境整備・保全(石川大清掃)
*平成23年3月6日(日)、大阪府・関係市町村・国土交通省主催の「大和川・石川クリーン作戦」に
生徒約400名・教職員約30名が参加した。今年度は3月5日に近隣の清掃活動を行う予定。
3.幼稚園児・保育園児との交流
  ①2年生全員が家庭科の授業内で保育園を訪問し、交流(保育体験)を行った。
  ②3年生家庭科選択者が幼稚園で「食育」に関する啓蒙宣伝活動を行った。
4.回収・寄附活動
*書き損じ葉書や未使用の葉書・切手・テレフォンカードを大阪府視聴覚障害者福祉協会へ寄附。

効果
1.東日本大震災支援活動
*まだまだ目を覆うような現状と、自力で立ち上がろうとする地元の方々の姿を目にし、生々しい話
を聞いて、価値ある経験を積むことができた。宮古工業高校生徒との絆を結ぶことができた。
2.石川大清掃
*石川流域の水質改善に寄与し、ふだんお世話になっている地元に貢献することができた。
3.幼稚園児・保育園児との交流
*地元の子供達との結びつきを強め、地域の人々の青少年健全育成への関心を高めることができた。
4.書き損じ葉書等の回収・寄附活動
*視覚障害者の福祉向上に、理解を深め貢献することができた。


取組み(5)

おおさかコミュニティ合宿/富高ロードクリーンキャンペーン
1.富高ロードクリーンキャンペーン
*平成22年3月7日(日)、大阪府・関係市町村・国土交通省主催の「大和川・石川クリーン作戦」に生徒約400名・職員約30名が参加した。(今年度は3月6日に実施予定)
2.おおさかコミュニティ合宿
*平成22年8月20日(金)~22日(日)、富田林市立新堂小学校の児童29名(教員6名)が本校で2泊3日の合宿を行い、本校生有志約50名が、小学生に勉強を教え、部活動で交流を行った。
3.ダイヤモンドトレール整備(3以下の活動は申請時には記載していない)
*平成22年12月18日(土)、河南町平石にある山林において、生徒約30名・教職員5名が、河南町はじめ地域の人たちと、枝打ちや間伐など環境整備をするとともに展望デッキを設置した。
4.寄附活動
*書き損じ葉書や未使用の葉書・切手・テレフォンカードを大阪府視聴覚障害者福祉協会へ寄附。
*使わなくなった眼鏡・サングラス・フレームをライオンズクラブへ寄附。

取組み(4)

社会貢献活動について
本校では、生徒の進路実現とともに学校の特別教育活動などを通じ豊かな人間性の向上を目指した教育活動に取り組んでいます。
○日々の校内放送による人と環境にやさしい学校づくり運動
○古紙回収による地球温暖化防止運動
○各種募金活動(ミャンマー・中国四川の災害、カンボジアの子どもたちへ、赤い羽根、緑の羽等)
○ロードクリーンキャンペーン、石川クリーンキャンペーンなど

取組み(3)

富高ロードクリーンキャンペーン

各種募金活動など本校が実施している社会貢献活動の1つの富田林高校ロードクリーンキャンペーンは、3月5日(木)の13時30分から1時間程実施しました。富田林高校生の有志や教職員がビニールゴミや吸い殻・空き缶・瓶などを拾って校内のごみ置き場がいっぱいになりました。普段お世話になっている地元への貢献活動で、本年度1年生269名,2年生191名が参加しました。

取組み(2)

富高ロードクリーンキャンペーン

平成18年度から、富高ロードクリーンキャンペーンとして、学校の回りや通学路の清掃を生徒会主催で実施しています。取り組み(1)で報告しました石川清掃活動に、定期考査の関係で参加できなくなり、富高独自で取り組むようになりました。

3月初旬、後期期末テスト最終日に、ボランティアでの自由参加形式で実施し、約250人の参加があります。中庭に参加者が集合し、生徒会役員から各クラスの分担区域の確認、交通安全等注意事項を聞いた後、掃除グッズを受け取っていよいよ出発です。軍手とタオルは富田林市役所様からのご厚意による支給です。いつもありがとうございます。

約一時間の清掃後、集めたゴミを集積所に集約して終了です。日頃お世話になっている近隣の方へのお礼を込めて、今後もこの活動を続けていきたいと思います。

ミャンマー・四川被災地への寄付のお願い

本年5月2日にミャンマーをサイクロンが襲い、12日には中国四川で大地震が発生し未曾有の大被害をもたらしました。本校では、その事態を静観せず、富田林高校の生徒会を中心とした募金活動を積極的に展開しています。また、募金活動の一環としてPL花火芸術の日に「夕べの会」を開催し、啓発活動を深めてまいります。皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。ミャンマー・四川被災地への寄付の内容(PDF:100KB)です。(別ウインドウ)

取組み(1)

富田林高校では、毎年3月第1日曜日に、“石川を美しくする市民運動協議会”のクリーンキャンペーンに参加しています。

クリーンキャンペーンの対象区域は生徒の通学路で、また部活動をする生徒のランニングコースでもあることから、7年前から取組んでいます。

特にこの3年間は、生徒会執行部を中心に、すべての部活がそれぞれ練習時間を調整しながら、積極的に参加してくれるようになってきました。

今年は修学旅行と重なったため、例年より少なめでしたが、それでも約230名が参加してくれました。

毎年参加してくれる卒業生もおり、地域の方々と協力して清掃活動に励んでいます。

皆さん、とてもいい表情をしていますね!

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ