HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 南河内地域 » 懐風館高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

懐風館高等学校

取組み(3)

硬式野球部員による河川敷及びトイレ清掃活動

活動内容
硬式野球部の部員全員による取り組みとして、本校の近くを流れている石川の河川敷のゴミ拾いを月に1回実施している。50名を超える全部員と男女マネージャーも参加し、学校周辺の住民がよく利用する公園を含め、河川敷を清掃することにより、ふだんお世話になっていることに対する感謝の気持ちを表している。この清掃の際に通りがかった通行人へのあいさつを欠かさずすることも心がけている。
また、部員がよく利用する本校体育館1階及びプール横の男子トイレを月に1回清掃している。このトイレ清掃の目的は、単なる清掃活動ではなく、部員自身の集中力を養い精神修養を兼ねている。そのため、清掃は、清掃用具を使用せず素手でスポンジを持っておこなっている。また、洗剤を極力使用せず、素手で心をこめて磨くことにより便器をピカピカにしている。

効果
石川河川敷の清掃活動については、公園を管理している事務所の担当者や付近の住民からもおほめの言葉をいただき、学校の評判を上げることに貢献している。また、参加している生徒にとって、立派な社会人としての常識を持ち、社会に奉仕することのできる大人になるための精神修養として効果を発揮している。部員の保護者からも、家で掃除をするようになったと好評である。


取組み(2)

早朝清掃ボランティア
平成20年度より実施。
毎週月・水・金曜日の朝8時から約20分間、生徒有志に教職員有志も加わり学校内外(学校周辺の道路や側溝などを含む)の清掃を行っている。
多い日は20名近い生徒が参加していたが、本年度は三年生のみの在籍となり、参加者が減った。
参加が20、30、50回を超えた段階でそれぞれ表彰し、さらにボランティアへの意欲を高めるよう配慮してきた。
この早朝清掃ボランティアに刺激され、PTAでも校内で開催する各種行事や月一回程度開催される実行委員会の前後に全員で校舎内外を清掃する取組みが継続して実施された。
表彰の様子は本校ホームページで紹介している。

取組み(1)

部活動生徒による学校周辺清掃活動
夏休み前、一学期最後の日、午後1時から本校の部活動参加生徒全員と生徒会役員や生徒有志で校外の大清掃を実施した。近鉄南大阪線古市駅周辺から通学路、学校周辺といった広い地域に、クラブ員の人数によってクラブ毎に生徒会による割り当てが行われた。生徒たちは軍手にほうきやチリトリ、ゴミ袋を持ち、クラブ毎に各担当地域に広がって、約1時間にわたって汗を流した。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ