HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 南河内地域 » 藤井寺支援学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

藤井寺支援学校

取組み(4)

[平成27年度] 「みんなでAKUSHU !! 」

活動内容
 本校の児童生徒会は、小学部5年生から高等部3年生までの児童生徒が力を合わせながら広報・文化・保健・美化・図書の5つの委員会と児童会、生徒会合同役員会に分かれて活動しています。
 今年度も「みんなでAKUSYU !! 」と題して、昼休みを利用して、歌やダンス等の特技発表、ビデオライブラリー、絵本の読み聞かせなどを行いました。
 「あいさつ運動」も生徒会の役員が中心になって実施しており、登校時・下校時に「おはようございます」「さようなら」と大きな声で挨拶をしていました。

効果
 委員会活動を通して、小学部から高等部まで仲良く協力しながら活動することができました。
 昼休みに校内放送をしたり、一緒に遊んだりして、学部を超えた関わりを深めることができました。
 友だちの良いところを認め合う習慣が身につきました。


取組み(3)

[平成26年度] 「みんなでAKUSHU !! 」

活動内容
 本校の児童生徒会は、小学部5、6年生から中学部、高等部までの児童生徒が力を合わせながら広報・文化・保健・美化・図書の5つの委員会と児童会、生徒会合同役員会に分かれて活動しています。
今年度も「みんなでAKUSYU !! 」と題して、昼休みを利用して、ダンスやビデオライブラリー、絵本の読み聞かせなどを行いました。また、スマイル大賞として、一番友達にスマイルを見せた人を投票して表彰しました。
「あいさつ運動」も生徒会の役員が中心に、登校時・下校時に「おはようございます。」「さようなら」と大きな声で挨拶をしました。

効果
 委員会活動を通して、小学部から高等部まで仲良く協力しながら活動ができている。
 昼休みに一緒に遊んだり、学部を超えての関わりが深まった。
 友達の良いところを認め合う習慣ができてきた。


取組み(2)

児童生徒会活動

活動内容
本校は小学部5,6年生から中学部、高等部の児童生徒たちは合同で委員会、クラブ活動に取り組んでいます。小学生から中学生、高校生までが力を合わせながら、広報、文化、保健、美化、図書の5つの委員会と児童会、生徒会合同役員会にわかれ活動しています。
広報委員会;昼休みの校内放送や、写真ニュースの掲示、
文化委員会;行事のポスター作りやビデオ観賞会の開催など
保健委員会;爪、ハンカチ点検やポスター作りやトイレのせっけんや消毒液の補充など
美化委員会;ポスター作りや校内のゴミ集めや花を飾るなど
図書委員会;ポスター作りや本の紹介を掲示など
*寺尾 仁志 with human noteによる、さわやかコーラスレッスンは今年度も2月28日に実施します。

効果
委員会活動を通して、小学生から高校生までが仲良く協力しながら活動ができている。
昼休みに一緒に遊んだり、学部をこえて、かかわりが深まっている。
コーラスレッスンも児童生徒たちがとても楽しみにしています。


取組み(1)

「こころの再生」府民運動 さわやかコーラスレッスン
日時  平成22年9月14日10:00~11:00
場所  本校ホール
参加者 本校小学部・中学部・高等部の児童生徒
出演者 寺尾仁志さんとhumannoteのみなさん
内容  ・演奏「地球兄弟」「しあわせのうた」「みんなトモダチ」「ビリーブ」
・児童生徒と一緒に打楽器を使った合奏「みんなトモダチ」
(本校児童生徒がタンバリン・すずなどを持ち、曲に合わせてみんなで合奏)
・児童生徒と一緒に合唱「みんなトモダチ」
(本校児童生徒も前に出て一緒にマイクを持ち合唱)

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ