HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 泉南地域 » りんくう翔南高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

りんくう翔南高等学校

取組み(5)

[平成27年度] りんくう「あったか」プロジェクト

活動内容
○ 通学路清掃
 平成27年7月9日(木)、12月11日(金)に生徒及び保護者・担任や教員の有志で、本校の外周・周辺道路や学校から駅までの道路(:南海本線「樽井」~学校)の清掃活動を実施しました。

○ 音楽エリア選択生徒によるボランティア/授業で「声楽」を履修している生徒による地域の施設訪問
 平成27年5月29日(金) 保育園の夏祭りに参加し、運動場で合唱を披露しました。
 平成27年11月2日(月) 子育て支援センター「ひだまり」の多目的室にて合唱を披露しました。

○ 保育エリア選択生徒によるボランティア/授業で「保育」を履修している生徒による活動
 平成27年7月29日(水) 保護者が講演を聞いている間、約1時間半程度、ゲームをするなど、子どもとふれあいました。
 平成28年2月8日(月) 本校プレゼンテーションルームに「ひだまり」の母子を招き、地域交流を兼ねて生徒の保育士体験を実施しました。

○ 地域老人会活動ヘの参加と交流 (ボランティア)
 平成27年10月29日(木) 福祉エリア選択生徒や有志の生徒が、ゲームなどをして老人会の方々と交流をしました。

○ 登下校指導
 ほぼ隔週で、通学路の数カ所や正門・通用門等で指導を行っています。その際には、地域の人々や小中学生とも顔を合わせる機会があり、気軽にあいさつするなどの交流ができています。

○ あいさつ運動
 毎週木曜日に正門付近において、生徒会が実施しています。あいさつ推進の「のぼり」旗を校内5カ所に設置するなど、「あいさつ運動」の推進に努めています。 

効果
○ 地域清掃活動
 美化意識の高揚とともに「公共のマナーを守り、社会貢献を身近にする」ことの大切さを体感し、友達や親、先生と協力して活動する喜びや「感謝する心」の育成につながりました。

○ ボランティア
 幼稚園や保育園のこども達の前で歌い、喜んでもらえることで、喜びや楽しさを経験し、自己肯定感を高めることができました。地域住民の方々や老人会の方々と触れ合うことで、自分と異なる立場を意識し、「互いを思いやる」心や「優しい心」を育むことができました。特に、老人会の方々には、たいへんお褒めの言葉をいただくなど、生徒の人間的な優しい側面をとてもよく出すことができました。

○ 音楽エリア選択生徒による訪問演奏会
 園児などの反応を見て、人と繋がることの大切さ、人と繋がることで得られる感動を実感するなどの収穫があり、園の職員の方々にも、とても感謝されました。

○ 登校指導、あいさつ運動
 人に興味をもつことから、出会いやコミュニケーションが始まります。あいさつが、繋がりや絆の第一歩であることがよく理解でき、こころの交流や感謝の心が芽生えてきました。


取組み(4)

[平成26年度] 通学路清掃

活動内容
 毎年、7月と12月に生徒・教職員・PTAが一緒に南海本線樽井駅から学校までの通学路、学校周辺、およびJR阪和線の和泉砂川駅までの約2kmの通りの清掃活動を行っています。
 生徒たちもひとつ拾い出すと、次も次もと意地になって拾いはじめ、それぞれのごみ袋がすぐにいっぱいになっていきました。
 いつもお世話になっている地域の方々、とりわけ通学路のみなさまにはいつもご迷惑をおかけしております。
 ほんの少しですが、地域の方々のお役にたてたのではないかと思います。
 生徒を初め、教職員・PTAと皆が一丸となって楽しく活動しました。
 今後も長く続けていきたいと思います。
 参加人数は、7月8日が123名、12月11日が雨天にも関わらず125名でした。

効果
 生徒たちも地域の人々から暖かい応援をもらいながら、街をきれいにすると心まで洗われるような気になったようです。
 また、自分が地域の役に立っているという自己の存在感を実感したようです。生徒と教職員とPTAが協力し合い一つになって活動をすることに大変意義があると思います。


[平成26年] あいさつ運動

活動内容
 平成26年10月より、毎週木曜日の朝8時10分より35分まで、生徒会執行部が正門の前に立ち、地域の方や登校してくる本校生徒に対して、あいさつ運動を行った。
今後も長く続けていきたいと思います。

効果
 最初は、「おはようございます。」の声が出せなかった生徒会執行部の生徒たちも、前を通る地域の方々が笑顔で「おはようございます。」と返してくれるのに喜びを感じ、最近では大きな声で挨拶をしている。
 また、地域の方々からも温かいお言葉を頂戴している。


取組み(3)

通学路清掃

活動内容
本校は砂川高校と泉南高校を母体校として平成21年に創立した新しい学校です。生徒も1期生と言うこともありフレッシュな気持ちで新しい学校作りに参加してくれました。同様に新たに立ち上げたPTAからもいろいろな提言していただきました。そのなかで実現化した一つが「通学路清掃」です。
一部生徒の通学マナーの悪さから日頃ご近所に迷惑をかけており、何か解決策はないかとPTAで話題となり、「親も手伝うので、生徒にも一緒に近所のゴミ拾いをするようによびかけてほしい。」と学校に要望がありました。さっそくPTA担当の先生から生徒たちに呼びかけたところ、生徒会と保健委員そしてクラブ部員や有志生徒、さらに有志教師の協力が得られ、学校周辺や学校から駅までの通学路の清掃活動を始めました。
これからもりんくう翔南高校の伝統をひとつひとつ築いていきたいと思います。

効果
年2回の実施ですが、初回は80人程度の参加者から、回を重ねるごとに参加者も増え、現在は毎回100人をこえるほどの参加者があります。また近隣の方から感謝の声をかけていただくこともあり、生徒の美化意識の向上だけでなく、自尊感情向上にもつながっていると思います。


取組み(2)

年間3回、通用門にて午前8時~8時40分まで、PTA役員を中心とする保護者と
教職員が登校してくる生徒に「おはよう」と声をかける挨拶運動を実施。

取組み(1)

おはよう呼びかけ運動
年間6回程度(月の第1金曜日)、通学路と通用門にて午前8時~午前8時45分PTA風紀委員の保護者と教員が十数名参加して、登校してくる生徒に「おはよう」と声かけ運動を実施している。
通学路清掃
卒業式準備の日、PTA役員の保護者、生徒会役員生徒、クラスの保健委員、教職員でJR阪和線の和泉砂川駅から校門までの通学路清掃を実施している。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ