HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 泉南地域 » 佐野支援学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

佐野支援学校

取組み(2)

平成26年度 元気いっぱい「あいさつ」運動!!

 高等部「職業・クリーンサービス」の授業において、学校の最寄駅(JR阪和線 日根野駅)周辺の清掃作業やあいさつ運動を実施しています。

 あいさつ運動では、「こころの再生」府民運動の『のぼり』を立て、啓発用ポケットティッシュ、啓発用マグネットバー、啓発用自転車前かごカバーを配布しながら、駅を利用する方々に元気よくあいさつを行っています。

佐野支援⑧   佐野支援⑫

 

 また、本校では、毎日の通学バスによる登下校時をはじめ学校生活全般において「あいさつ」運動を実施しています。元気いっぱいに「ハイタッチ!」や握手など、児童生徒に合うなかたちでコミュニケーションを図っています。

 

佐野支援②

 

取組み(1)

元気いっぱい「あいさつ」運動!!

活動内容
本校では、毎日の通学バスによる登下校時をはじめ学校生活全般において「あいさつ」運動を実施している。元気いっぱいに「ハイタッチ!」と称した手と手を伸ばして手のひらをパチンと合わせることも実施している。また、「敬礼」を笑顔とともにすることを好む生徒には、そのカタチでコミュニケーションを図っている。
全教員がバスの発着場に出向き、子ども達が安全かつ元気に、バスの乗降ができるよう見守るとともに、バスと教室間の移動時にすべての子どもに対して笑顔で「おはよう」「さよなら」を中心にアイコンタクトを大切にして「あいさつ」を行っている。

効果
生徒は、あいさつの声かけに笑顔で反応したり、コミュニケーションを高める手段としている。また、日々の教育活動においても、授業の開始及び終了の笑顔であいさつが元気にできてきている。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ