HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 泉南地域 » 岸和田支援学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

岸和田支援学校

取組み(1)

みんなに笑顔であいさつ

活動内容
本校では、多くの教員が、担当する学部に関わらず、全校の児童生徒に通学バスをおりて朝いちばんの「おはよう」から「さよなら」で帰るまでみんなに笑顔で「あいさつ」するようにとりくんでいます。このことは、自らの力で声を出してあいさつをするなどの意思の表出が困難な児童生徒に対して最も効果的なコミュニケーションを育成する方法です。
  地域社会への移行が近い高等部では、さらにあいさつやマナーなどの教育活動も盛んに行っています。

効果
多くの教員が「あいさつ」を毎日繰り返すことにより、意思の表出が困難な児童生徒が、「ほほ笑みを返す。」など自らの方法でコミュニケーションする力を高めています。
高等部では、就労や施設利用などの実際の場面で本校の生徒のあいさつが評価されています。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ