HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 堺市 » 福泉高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

福泉高等学校

取組み(2)

農業体験で自然とふれあう

活動内容
農業体験を通して、地域の達人から田植え・稲刈り・しめ縄作り・餅つきなどを学びます。

効果
農業体験を通して、農業技術のことやものづくりの基本を学べると共に、地域の方との交流ができ、「生命を大切にする」「感謝する」などを確認できた。


地域の商店街で人とふれあう

活動内容
堺市西区鳳本通商店街の夏まつりに軽音楽部、アコースティックギター部・ダンス部が参加し、商店街の活性化に寄与しました。

効果
自分たちの日頃の活動を地元の多くの人々にみてもらって喜んでいただけたことで、「感謝する」「努力する」こころを確認できました。


環境美化活動で地域の人とふれあう

活動内容
学期に1回、各学年・教職員・PTAが参加し、各コースに分かれて通学路の環境美化活動を実施しました。

効果
清掃活動を通して地域の方との交流もでき「ルールやマナーを守り環境を美化する」こころを確認できました。


絵本の読み聞かせで子とも達と交流する

活動内容
地域の幼稚園や保育園に図書委員が出向き、子ども達に絵本の読み聞かせをしました。

効果
絵本の読み聞かせで子ども達の輝く姿を見ることができ、子ども達との交流も深めることができボランティア精神の大切さを確認できました。


取組み(1)

福泉高校は「夢」「体験」「感動」をサポートします。
総合的な学習の時間や選択科目の時間を利用し、最後まであきらめない「夢」を持ち、様々な「体験」を通して相手を思いやる豊かな人間性を身につけ、「感動」を通して「やればできる」 という自信をつけていきます。

福泉高校は、次のような「特色づくりの取り組み」を推進しています。
  1. 基礎・基本の学力の確実な定着と読書活動の推進、また、社会人としてのモラルやマナーを身につけるさまざまな取り組みを推進する。
  2. 本校の置かれた自然豊かな環境を生かしながら、「食」の大切さ、「生命」の大切さについて、体験的・生産的活動を通して、「生きる力」を育む取り組みを推進する。
  3. 地域との連携として、特別養護老人ホームや近隣の幼稚園と世代間交流を通して、学校・家庭・地域を結ぶ「心の教育」の活動拠点となるような取り組みを推進する。
移動図書館で本と出合い「知」とふれあう
開かれた図書館として昼休みを利用し、ワゴンに図書を満載し各フロアで開架します。学校にない本は、地域の公共図書館(泉が丘南図書館)と連携し、団体貸し出しを行い補充しています。

※ 平成17年度には、読書活動優秀実践校として「文部科学大臣表彰」を受賞しました

農業体験で自然とふれあう
「農」を通して、地域の達人から田植え・稲刈り・しめ縄作り・餅つきまで学びます。

世代間交流で人とふれあう
学校の目の前にある老人ホームと交流し、お花見会(4月)・敬老の日訪問(9月)・文化祭招待(10月)の他、生徒会執行部・和太鼓部・吹奏楽部・家庭科部・ダンス部などが訪問演奏等の慰問もしています。

地域の商店街で人とふれあう
鳳本通商店街の夏のイベントに和太鼓部・ダンス部が参加することで、若い力を発揮し、商店街の活性化に寄与しました。

環境美化活動で地域の人とふれあう
学期に1回、各学年・教職員・PTAが参加し、各コースに分かれて通学路の環境美化活動を実施しています。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ