HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 堺市 » 堺上高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

堺上高等学校

取組み(3)

大阪府立堺上高等学校ソフトテニス部主催「上高杯」

活動内容
 本校のテニスコートを使用し、近隣の中学校ソフトテニス部を招待して大会を開催しました。競技・運営・指導スタッフとして本校ソフトテニス部員が活動しました。
 女子大会は平成27年8月30日(日) 8:30~12:00に実施し、堺市から7校、18チーム、約120人が参加しました。
 男子大会は平成27年12月5日(土) 8:30~17:30に実施し、堺市から10校、22チーム、約140人が参加しました。
 6人から8人でチームを編成し、それぞれの中学校から1チームから3チームが出場しました。予選リーグでは、ブロックごとでチームの順位を決定し、決勝トーナメントでは、予選で決した各ブロックの同順位同士のチームでトーナメント戦を行いました。それぞれのトーナメントで1位から3位まで入賞チームには、賞状授与などの表彰も行いました。レギュラー以外の部員も多くのゲームを経験することができる機会となっています。

効果
 ソフトテニス競技の裾野拡大、競技力向上を図り、中学校同士、及び中高生の連携と交流の場として意義のあるイベントであるとともに、本校生にとっても中心となって競技運営に携わり、中学生部員の指導等行う事で達成感・自己肯定感を味わうことができ、地域教育貢献への一助としても実感することができました。


取組み(2)

ソフトテニス部主催「上高杯」 

   

 

活動内容
本校のテニスコートを使用し、近隣の中学校ソフトテニス部を招待して大会を開催しています。大会では、競技・運営・指導スタッフとして本校ソフトテニス部員が活動しています。
女子大会は平成26年8月30日(土) 8:00~17:00に実施し、堺市から7校20チーム、約120人が参加しました。
男子大会は平成26年12月6日(土) 8:00~17:00に実施し、堺市から8校、藤井寺市から1校の9校23チーム、約140人が参加しました。
本大会は、各中学校1チーム6人編成で1~2チームで出場、予選リーグを3チームずつで8ブロックとして順位を決定し、各ブロックの同順位同士で決勝トーナメントを3ブロック行います。それぞれの順位トーナメントでの1~3位の入賞チームには賞状授与等表彰も行いました。

効果
ソフトテニス競技の裾野拡大、競技力向上を図り、中学校同士の連携と交流の場として意義のあるイベントになっています。また、本校生にとって、中心となって競技運営に携わり、中学生部員の指導等行う事で達成感・自己肯定感を味わうことができました。


取組み(1)

子育てサポートルームとの連携

活動内容
校内にある「西まちかど子育てサポートルーム」に参加している子どもたちと触れ合い、子どもに対する理解を深める。
放課後、午後3時30分から4時までの30分間、サポートルームに行き子どもたちと一緒に体操や手遊びをし、1年間を通して子どもの発達を実感する。

効果
・定期的に行くので、子どもの成長を感じることができる。
・小さな子どもとかかわる機会が増えるので、自らの将来像を描きやすい。


軽音楽部が「泉が丘駅前地域活性化 キックオフイベント」をプロデュース

活動内容
「泉北ニュータウン再生府市等連携協議会」の依頼を受けて、地元イベント「なつ・ゆめ・まつり いずみがおか2011」のキックオフイベントである「野外ステージ」を企画・運営した。「野外ステージ」では、5つの高校軽音楽部によるバンド・ライブ、大学サークルの大道芸などが行われた。出演者との打ち合わせ、ステージの設営、音響機器(すべて本校軽音楽部の機材を使用)の設置、プログラムの進行など「野外ステージ」のすべての運営を本校の軽音楽部が担当した。部員数は約40名、当日はすべての部員が参加したわけではないが、事前の準備などで部員全員が出演者・裏方として活動した。

効果
年間に4~5回他校との交流として「合同練習会」「他校ライブ」を本校で行っているが、高校生同士の交流の域である。今回、このような幅広い年齢層を対象とする地元地域のイベントを、高校軽音楽部として企画・運営することによって、自らも地域活性に貢献できることを体感できた。このことは、高校生が地域社会に目を向けるきっかけのひとつになったであろう。


夏休み子育て体験

活動内容
校内にある「西まちかど子育てサポートルーム」と連携協力して、希望生徒に保育体験を行っている。
今回は6名(3年生1名、2年生2名、1年生3名)が参加した。夏休み中4回実習に参加することが条件で、朝、ルームに来る子どもたちのお迎えをし、帰るまで1日を共に過ごす。具体的には、触れ合い遊び、手遊び、リズム体操、絵本の読み聞かせなど。

効果
・3年連続で体験に参加する生徒もおり、小さな子供のことがよく分かったという感想を述べている。
・将来の目標として保育士を目指したいという動機づけになった。
・ルームを利用している母親たちに本校生の良い面を見てもらえた。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ