HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 堺市 » 泉陽高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

泉陽高等学校

取組み(4)

アドプトロード 泉陽

活動内容
本校正門前の歩道上にある果断に年2回(6月2日、11月17日)花の苗を植え付け、定期的に除草と散水、および清掃活動を続けた。

効果
ごみのポイ捨てが減少し、街の美観が向上する。夏に散水することにより清涼感が出て、近隣の方から感謝されている。


取組み(3)

アドプトロード・泉陽
本校前の道路沿いに花壇を作り、生徒会のアドプトロード委員会が整備している。アドプトロード委員会は各クラスの委員から成り立っている。三年前からボランティアで世話をしてくれるクラブも出てきた。学校を支えてくださる地域の人々に感謝の気持ちを込めて、この取り組みを続けており、今年で9年目となった。
春、秋の年2回、生徒が花壇のデザインをし、花の植え替えを実施している。普段から土に肥料を入れ、苗を植え、水をやり、雑草を引き、ゴミ拾いをして、美しい花壇を保つようにしている。
添付の写真は昨年11月の花の苗の植え替え作業の様子である。春咲きの花の苗を植えている。
花壇は地元の人々からも好評を得ている。

取組み(2)

アドプトロード泉陽

本校前の道路沿いに花壇を作り、生徒が整備しています。生徒会のなかのアドプトロード委員会が作業に当たっています。今年はボランティアで世話をしてくれるクラブも出てきました。春、秋の年2回、生徒が花壇のデザインをし、花の植え替えを実施しています。普段から土に肥料を入れ、苗を植え、水をやり、雑草を引き、ゴミ拾いをして、美しい花壇を保っています。

取組み(1)

平成18年5月24日(水曜)に泉陽高校でのアドプト・ロード・プログラムの取組みを取材しました。 そのときの様子を掲載します。 道路に沿った花壇に花を植えているのは、泉陽高校の生徒の皆さんです。 自分たちの学校の前の道に感謝の気持ちを込めて、この取組みを続けていただいています。 今年で5年目に入りました。 この日も、道路を管理する堺市と連携しながら、多くの生徒さんが参加してくれました。 地域からお寄せいただいた声を紹介します。 道路沿いに美しく花が咲いており、自動車で行き交う人や、 自転車で通行した際に、本当に心が和むひと時がもてます。是非続けていただきたいと思います。 きれいな花を見させていただき嬉しく思います。今後とも続けてください。 通行人及びドライバーの心に安らぎを与え、市の印象も高揚し、信号待ちの気分転換になります。これからも継続してほしいと思います。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ