HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 大阪府教育センター附属高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

大阪府教育センター附属高等学校

取組み(3)

「こころの再生」クローバープロジェクト

①朝のあいさつ運動

 生徒会の生徒を中心として、毎週月曜日の朝、通用門で、教職員・生徒に対してあいさつ運動とともにテッシュ配付の活動を展開しています。

 

②地域へ「こころの再生」PR活動

 生徒会の生徒及びクラブの生徒を中心として、府内中学生、近隣自治会、PTAの保護者の皆さんへテッシュ・マグネットの配付等を通じて、「こころの再生」のスローガンを伝え、理解を深める活動を実施しました。

 

③献血キャンペーン街頭宣伝活動

 生徒会の生徒が大阪府薬務課主催の献血キャンペーンの街頭での宣伝活動に協力しました。

 (参考:http://www.osaka-c.ed.jp/partner/image/20141218mainichisinbunn-kenketsu2.pdf:)

 

④地域住民及び消防署との合同避難訓練を実施

 地震・火災想定で地域住民がグラウンドまでの避難訓練を実施。車いすを利用の方には生徒が救助(迎え-救助-避難)に当たり実施しました。併せて消防署員の指示のもと消化器訓練、けむり体験、三角巾による応急処置、ロープワーク、AED訓練などの準備・実施協力を行いました。 

 (参考:https://www.osaka-c.ed.jp/blog/fuzoku/yotsuba-kousiki/2014/06/17/:)

 

⑤近隣小学生の下校指導協力・・・見守り隊

 1月より、生徒会生徒が、近隣の苅田小学校、苅田北小学校と連携し、下校の際の付き添い・児童公園の見回り等、児童の安全確保の協力を行いました。

 (参考:https://www.osaka-c.ed.jp/blog/fuzoku/yotsuba-kousiki/2015/01/26-064142.php:)

取組み(2)

 

「こころの再生」府民運動PRグッズの自転車前かごカバーを配布しました。『地域へ「こころの再生」PR』ということで、生徒会執行部から10月19日(土)には、学校でPTAの皆さんへ、10月21日(月)には苅田北コミュニティ会館で苅田北連合町会の皆さんへ配布しました。また、校内の公用自転車につけて、地域での広報啓発も行っています。

 

 

 

また、生徒会主体のあいさつ運動として「こころの再生」府民運動のティッシュ配付を行いました。

 

関連サイト

https://www.osaka-c.ed.jp/blog/fuzoku/yotsuba-kousiki/2013/10/07-035095.php

 

 

 

取組み(1)

東日本大震災義捐金の寄付

活動内容
本校生徒会が全校生徒に働きかけて、平成23年9月24日(土)に開催された文化祭の模擬店収益の中から、2万円を日本赤十字社に東日本大震災義捐金として寄付した。

効果
生徒会役員生徒の自発的な取り組み、働きかけが実を結び、生徒会活動の充実につながった。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ