HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 東住吉高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

東住吉高等学校

取組み(1)

ネパールの子どもたちに奨学金を贈るチャリティー100㎞リレーマラソン

チャリティー100kmリレーマラソンとは、有志生徒やボランティアランナーがたすきをつなぎながら、学校に行けないネパールの子どもたちに奨学金を贈るための寄付金を集めるため、グランドを走るというボランティア活動です。

ネパールは、アジアで最も貧しい国の一つです。子どもたちは、家計を助けるために仕方なく小さい時から働いています。子どもたちは学校に行きたいと思っているですが、お金が無くて行けないのが現状です。そこで、貧困で学校に行けないネパール子どもたちに、奨学金を贈り学校に行けるようにしたいと考えました。

 

今年は、平成26年11月22日(土)の朝8時30分にスタートしました。

 

年々、ボランティアランナーは増えています。今回、本校生徒のボランティアランナーは400人を超えました。また今回は、大阪市立五条小学校の生徒20名と教員10名もボランティアランナーとして参加してくれました。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ