HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 天王寺高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

天王寺高等学校

取組み(1)

「おもしろ実験講座」

活動内容
8月28日(日)大阪市立晴明丘小学校および晴明丘南小学校に本校理科(物理・化学・生物科)の教員およびSSクラブ生徒が出向き、小学校児童対象に物理・化学・生物の実験を行なった。
  物理:「ブーメランを飛ばして重心を見つけよう」
  化学:「アワアワと泡(あわ)が!」(紫キャベツで酸と塩基の実験、過酸化水素実験)
  生物:「野菜と果物クイズ」

効果
小学生にとっては、教科書にない実験に触れることで理科に興味を持ってもらえ、また実験指導・補助をした本校生徒にとっても、準備段階から携わることでより深く内容理解につながった。


生徒の有志団体FANによるボランティア活動

活動内容
運動会の時に募金活動や文化展示発表会の時にバザーを行ない、そこで集まったお金でNGOアジア協会友の会を通して、アジアの貧しい地域に井戸を贈っている。また、昨年3月には生徒自治会と協力し、東北大震災へ義援金の呼びかけを行ない、日本赤十字社を通じて、約6万円の義援金を送った。

効果
国際社会情勢をより深く学ぶことに繋がり、社会における自分達の果たすべき役割の認識につながっている。


野球部による早朝清掃活動

活動内容
野球部が、毎朝練習前に学校周辺の道路の清掃活動を実施している。

効果
地域社会の中での学校の果たす役割について、考える機会に繋がっている。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ