HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 生野聴覚支援学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

生野聴覚支援学校

取組み(1)

公園の壁画作成による地域ボランティア

活動内容
平成23年12月~平成24年1月の間、地域の公園のらくがきを消すために、本校の中学部の生徒が美術の授業を活用し壁画を作成した。
本活動のきっかけは、6年前に、地域の公園のらくがきを消すために、本校の児童・生徒が壁画を作成したことに始まっている。昨年度までらくがきが無かったが、本年度に入り、壁の一部にらくがきが再びされてしまったことから生野区役所より、6年間、らくがきがなかったことは、壁画の効果であり、再度作成してほしいとのお願いがあった。
本校としても地域の方々のこころの癒しになればと思い、ボランティア活動の一環として壁画作成をすることにした。雨降り以外の毎週月・金曜日の美術の授業中に、地域の自治会の方に、材料の保管や声援をいただきながら、壁画を描き続けました。

効果
地域の方々からは「心が癒される」とのあたたかい言葉をいただき、描いた生徒たちも喜んでいます。このような活動の機会が少ない聴覚障がいの生徒たちに新たな体験ができたことでボランティア活動の必要性を味わえたこと。また、このような活動の機会を与えていただいた生野区役所の方や材料等を保管していただいた自治会の方、「頑張りや」と声をかけていただいた地域の方々に対して感謝する気持ちが生まれたことなどが本校としての効果であります。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ