HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 港高等学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

港高等学校

取組み(4)

あいさつ運動(平成26年度)

11月17日(月)~21日(金)、「こころの再生」府民運動の

“4.「あいさつ」をもっと大切にしよう”“7.地域にどんどん出て行こう”

を実践するため、JR環状線弁天町駅前と本校校門前で自治会の生徒とPTAの保護者が、通勤される方にあいさつ運動を実施し、「こころの再生」府民運動のティッシュとマグネットを配布しました。

自治会の生徒・PTAの役員の方々が街頭で「おはよう運動」をするのも、今年度で2回目になります。通勤で弁天町駅を利用する方々あるいは地域の方々との短い時間のふれあいでしたが、港高校が地域に出て社会貢献をするという貴重な経験を積むことができました。

  

 

取組み(3)

保健委員会による近隣地域清掃活動

活動内容
6月と11月のそれぞれ2日間、各クラスの保健委員による近隣地域の清掃活動を実施しました。校舎回りや弁天町駅からの通学路を重点に、ゴミを拾い集めました。
本年度吹奏楽部、軽音楽部が参加を予定していました地域の交流イベントが、それぞれ台風等により中止となりました。

効果
上記の取組みは今年度で2回目です。生徒の美化意識の向上のため、また地域貢献の一環として実施しており、生徒の豊かな人間性の育成に役立っています。


取組み(2)

①吹奏楽部「港区ふれあい音楽界」「高齢者施設パーティー」等への参加
港高校吹奏楽部が、本年度も港区が主催する「港区ふれあい音楽会」に参加し、演奏を通して、他の小・中・高校の仲間たちや、たくさんの地域の方々と触れ合いました。また、地域の高齢者施設のクリスマスパーティーに招かれ、数曲を演奏しました。
②保健委員会による近隣地域清掃活動
6月と11月のそれぞれ2日間、各クラスの保健委員による近隣地域の清掃活動を実施しました。生徒の美化意識の向上のため、また地域貢献の一環として、校舎回りや弁天町駅からの通学路を重点に、ゴミを拾い集めました。
③演劇部の保育園訪問
本校演劇部は毎年港区の池島保育園を訪問し、園児たちに自分たちで脚色した劇を上演しています。「浦島太郎」「大きなカブ」「シンデレラ」等、子どもたちがよく知っていて人気のある童話を中心に脚色し、衣装や小道具にも工夫を凝らして園児たちに楽しんでもらっています。上演後は園児たちと一緒に遊び、すっかり仲良しになり、よきお兄ちゃん、お姉ちゃんも演じています。

取組み(1)

① 私たち港高校吹奏楽部は、港区が主催する「港区ふれあい音楽会」に参加しました。この音楽会では、名前のとおり、他の小・中・高校の仲間たちや、たくさん の地域の方々と触れ合うことができました。これからも、音楽を通して、もっと私たちの元気が伝わり、幸せな気分で演奏を聴いて頂けるよう、頑張っていきた いと思っています。

②本校演劇部は毎年港区の池島保育園を訪問し、園児たちに自分たちで脚色した劇を上演しています。「浦島太郎」「大きなカブ」「シ ンデレラ」など、子供たちがよく知っていて人気のある童話を中心に脚色し、衣装や小道具にも工夫を凝らして園児たちに楽しんでもらっています。上演後は園 児たちと一緒に遊び、すっかり仲良しになり、よきお兄ちゃん、お姉ちゃんも演じています。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ