HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 大阪市 » 大阪市立豊里小学校


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

大阪市立豊里小学校

取組み(1)

豊里っ子宣言(平成29年度@スクール表彰 受賞)

● あいさつ運動
 学級の代表や各委員会だけでなく、「あいさつレンジャー」をボランティアで募り、朝の登校時にあいさつ運動を行う活動です。たすきを掛け、大きな声であいさつ行うことで、あいさつをすることの心地よさを強調しています。
 「あいさつツリー」を職員室前に掲示し、大きな声であいさつができた時や気持ちのよいあいさつができた時、自身でシールをはり学校全体での大きな木を完成させようと、目標を明確にしています。
 
● いじめについて考える日
 いじめについて考える日を設けて、各学級でいじめについて話合いを行う活動です。学級ごとにいじめをなくすキーワードを考え、そのワードを「とよさとっこの木」に掲示し、全校児童が見える正門に設置することで、学校全体として、いじめをなくすことを考えています。
 
● がんばりボックス
 友だちや自身のがんばりを、「がんばりボックス」へ投函し、みんなでよさを認め合う活動です。投函されたがんばりは、学校長や当該児童に関わる先生で審査し、全校に広めていきたいがんばりについては、全校朝会で表彰しています。
 
● 赤ちゃん先生
 毎年、2年生を対象に行っている活動。半年間、同じ赤ちゃんの成長を見て、人権尊重や命の学習を行っています。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ