HOME » 学校での取組み(「こころの再生@スクール」) » 南河内地域 » 藤井寺工科高等学校 定時制の課程


学校での取組み(「こころの再生」@スクール)

学校などで行われている「こころの再生」に関連する取組みを紹介しています。

藤井寺工科高等学校 定時制の課程

取組み(3)

[平成28年度] 地域交流 地域清掃活動「クリーンキャンペーン」

活動内容
【クリーンキャンペーン】
 本校では6年前より、地域の交流と貢献を目的に、「藤工クリーンキャンペーン」と称し、「学校周辺道路」の清掃活動を年4回程度行っています。今年度も定時制生徒会役員を中心に有志を加え、4回(6/14、9/26、12/2、2/14)実施しました。
 生徒たちは、反射板付ベスト着用するなどして安全面に配慮しながら、約30分の活動でバケツいっぱいのゴミを拾っていました。
 また、5月21日(土)には「地域清掃活動」として、定時制生徒会役員4人で学校周辺道路や溝等の清掃活動を地域住民の方と一緒に行いました。こちらも、側溝からたくさんのゴミや泥をすくうことができました。

【地域交流】
 本校には農園があり、授業で野菜などをつくっています。この農園を活用して、生徒会役員やボランティアの生徒が「いちご狩り」(4/22~5/14)や「いも掘り」(10/7~11/2)をする際に、近隣の保育園児、幼稚園児、地域住民等(延べ741名)を招待しました。

効果
【クリーンキャンペーン】
・5月の地域清掃活動は地域の方より、「今年も頼むね。」など期待や感謝の言葉が寄せられました。
・参加生徒より「地域に貢献できてよかった」、「道にゴミを捨てないようにしよう」等の感想がありました。

【地域交流】
・生徒たちは、優しさ、思いやる気持ちを実感すると共に、貢献を通して、頼られる喜び、感謝される喜びから自尊感情を高めることができました。


取組み(2)

[平成27年度] 地域交流 地域清掃活動「クリーンキャンペーン」

活動内容
 「藤工クリーンキャンペーン」として5年前より地域の交流と貢献を目的として、「近鉄藤井寺駅周辺」及び「学校周辺道路」の清掃活動を年3~5回程度、定時制単独で定時制単独で、「藤工定クリーンキャンペーン」として、夜間19時~20時の時間帯にも「学校周辺道路」の清掃活動を、生徒会が中心になって数回おこない、より一層地域への貢献を進める企画を実施しています。
 今年度もその取り組みを継続して行い、4回(6/17、9/29、12/2、2/12予定)実施しました。
 5月24日(土)8:00~ 「地域清掃活動」として全日制・定時制の生徒計約50人が学校周辺道路・溝等」の清掃活動を地域住民の方と一緒に行いました。

 又、本校の農園を活用し、本校の生徒会役員、ボランティア生徒を中心に春(4/30~5/15)に近隣の保育園、幼稚園児、地域住民(延べ400人)を招待し「イチゴ狩り」、秋(10/8~11/17)に近隣の保育園、幼稚園児、地域住民(延べ400人)を招待し「いも堀り」を実施しました。

効果
・5月の地域清掃活動は地域の方より、「待っていたんです。」等期待されている言葉や感謝の言葉が寄せられています。
・反射板付ベスト着用での安全面の不安が軽減され、参加生徒より「地域に貢献で きてよかった」等の感想がありました。
・保育園児、幼稚園児らとの交流を通じて、優しさ、素直さを実感することにより自尊感情の芽生えがみられました。


取組み(1)

[平成26年度] 地域清掃活動「クリーンキャンペーン」

活動内容
 「藤工クリーンキャンペーン」として5前より地域の交流と貢献を目的として、「近鉄藤井寺駅周辺」及び「学校周辺道路」の清掃活動を年3~5回、16時~17時に、定時制の生徒会が主体となり、全日制の生徒会へも呼びかけて融資やクラブ員で実施してきました。
 一昨年度からはさらに発展させて定時制単独で、「藤工定クリーンキャンペーン」として、夜間19時~20時にも「学校周辺道路」の清掃活動を、生徒会が中心になって数回おこない、より一層地域への貢献進める企画を実施しています。
 今年度もその取り組みを継続して行い、4回(6/17、8/29、12/2、2/12予定)実施しました。
 5月24日(土)8時から、 「地域清掃活動」として全日制・定時制の生徒計約200人が校周辺道路・溝等の清掃活動を地域住民の方と一緒に行いました。

 又、本校の農園を活用し、本校の生徒会役員、ボランティア生徒を中心に春(4/30~5/15)に近隣の保育園、幼稚園児、地域住民(延べ400人)を招待し「イチゴ狩り」、秋(10/10~11/17)に近隣の保育園、幼稚園児、地域住民(延べ300人)を招待し「いも堀り」を実施しました。

効果
・地域の方より、清掃活動に対して感謝の言葉が寄せられています。
・反射板付ベスト着用での安全面の不安が軽減され、参加生徒より「地域に貢献で きてよかった」等の感想ありました。
・保育園児、幼稚園児らとの交流を通じて、優しさ、素直さを実感することにより自尊感情の芽生えがみられました。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ