HOME » こころの再生百人衆 » 芸能・文化分野の方々 » 新垣 勉


こころの再生百人衆

芸能・文化分野の方々

aragaki

新垣 勉さん

テノール歌手


沖縄県読谷村生まれ。
米兵の父と日本人の母との間に生まれる。
生後まもなく事故で失明。
両親の離婚、父の帰国などにより祖母の下で成長するが、14歳の時に祖母を失くし、天涯孤独となる。
ある牧師との出会いが生き直す勇気と希望を得るきっかけとなる。
西南学院大学神学部卒業後、音楽の思いを貫き、34歳で武蔵野音大声楽科に進学、卒業。同大学大学院終了。

新垣 勉さんからのメッセージ

「オンリーワン」の人生を

いじめによる自殺といった話を聞くたび、心が痛みます。絶対に「死」という結論に急がないでください。

今の時代は、効率ばかり優先されますが、人生には時には遠回りが必要です。自分が通ってきた道はすべてプラスになると思うからです。

私は太平洋戦争がなければ、この世に生まれなかったでしょう。そして、失明することもなく、幼い私を手放した両親たちを長い間、恨むこともなかったと思います。でも、憎しみでは何も変わらないし、何も生まれないことに気付づきました。

人生はやり直しがきくのです。一生というもっと長い区切りでものをみてください。ゆっくりとした歩みの中から、今まで見落としてきたものに気付くこともあるでしょう。 そして、人との出会いを大切にしてほしいと思います。人は出会いによって成長し、愛が育まれるのです。相手を変えようと思わず、まずは自分自身が優しい心で人と接してください。そこに愛が生まれるのです。

あなたを必要としている人が必ずいます。他人と比較するのではなく、自分の持っている良さにしっかりと磨きをかけてください。

そして、あなたにしかない輝きを放つ「オンリーワン」の人生を大切にしてください。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ