HOME » こころの再生百人衆 » NPO・その他分野の方々 » 朝日 陽子


こころの再生百人衆

NPO・その他分野の方々

朝日 陽子さん

貝塚子育てネットワークの会

朝日 陽子さんからのメッセージ

勇気を出して、地域に出てみましょう

「こころの再生」府民運動では、「地域にどんどん出て行こう」と呼びかけていますが、私もそれを目指してネットワークの会の活動をしています。学校を拠点として、地域づくりができたらと思っています。子どもも、大人も、学生も、お年寄りも集えるような場所は、地域の学校以外には少ないと思うので、学校はみんなが集える居場所となってほしいと思います。

最近は、学校で、痛ましい事件が起こったりして、学校が閉鎖的になっているように思います。地域によっては、学校が、地域と連携して、お祭りや絵本の読み聞かせなどの催しをされているところもありますが、まだまだ数は少なく、また一過性のイベントで終わっていることが多いように思います。学校は、イベント等をきっかけにして、保護者や地域のボランティアと一緒に、もっともっと一緒にできることがあるのではないのかと思います。例えば今、「放課後子どもプラン」などがありますが、学校を拠点にもっと拡がりを見せたら良いと思いますね。

私が活動している貝塚市の各小学校では、家庭教育学級というのがあって、今回各校の運営委員が集まって講演会を開催します。ただ、講師の話を聴くだけではなくて、講演会をきっかけに一人ひとりが「じゃあ、自分達の地域では何ができるんやろ?」って考えていただけたらいいなと思っています。

講演会が終わってから、運営委員が教育長と懇談をするなどして、少しでも学校と保護者との良好な関係を築くことができるような取組みもいます。学校任せにする保護者もいますが、多くの保護者は、学校と一緒に子どもたちのために何かできることはないかと考えています。だから、学校と保護者、地域をどうやって繋いでいくかがを常に考えています。

私一人でPRするのは難しいのですが、仲間がいて、それに賛同する保護者が集まってというふうに、だんだんと拡がっていけたら一番いいかなと思っています。

3人の子どもを育てている母親の一人として、子育て中の方にお伝えしたいことは、育児書どおりの子育てはできないし、教科書は参考にはなるけれどそれが全部ではないことです。また、子育ては母親が一人でするものではありません。母親は、家の中で、一人で子育てするのでなく、どんどん外の人とも話をしてほしいですね。知らない人と接することは、最初は、すごい勇気はいるのですが、多くの人と知り合って、その中で母親自身もいろんなことを経験し、勉強しながら、成長するものなのです。

私も結婚と同時に東京から大阪に来たので、最初は人とコミュニケーションをとるのがとても苦手でした。反対に、気軽に話しかけられたりするのも、抵抗ありました。でも、今は、話をすること、話を聞くこがとても大切だと思います。勇気を持って外に出てほしいですね。あとは子どもの定期健診なので、保健師さんに「ちょっとしんどいんです」って話すこと。「しんどいです」って言うことは全然悪いことではないのですよ。

昔と違って、社会のしくみや社会環境はどんどん変わっているのに、子育ては未だにお母さん任せであることはあまり変わっていません。母親がしんどくなって当たり前かなと思います。

だから、そこをもっと地域でサポートできるような仕組みや知恵が必要だと思います。日本では、少し前まではもっと地域で子育てをしていたと思いますが、現在は、それを意識的にしなくてはいけない時代になっています。

だから、地域の人は、少しくらいおせっかいくらいでいいではないでしょうか。公園などで、小さいお子さん連れの方を見かけたら、是非、話しかけてあげてください。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ