HOME » こころの再生百人衆 » 芸能・文化分野の方々 » 浜村 淳


こころの再生百人衆

芸能・文化分野の方々

hamamura

浜村 淳さん

パーソナリティ、司会、映画解説


京都市生まれの京都市育ち。
職種  パーソナリティ、司会、映画解説
学歴  同志社大学 文学部 卒業
趣味  映画鑑賞、読書
MBSラジオ『ありがとう浜村 淳です』(月~金曜日8:00~10:30、 土曜日8:00~11:30)などに出演して活躍中。タレントとしては初めて国立大学(和歌山大学経済学部)の講師として話題となった。

浜村 淳さんからのメッセージ

「こころの再生」というものについて考えますと、一人ひとり感謝の気持ちを持とう、それから敬う気持ちを持とう、この二つは大切だと思います。
この二つを合せて「愛」といいます。仏教では「慈悲」という言葉を使っております。
地面を這っている虫一匹の命でも大切にしよう、まして人間同士が暮らしている世の中ですから、人間らしい感情、人間らしい心を持ち合い、お互いに思いやりをかけていこう。そういう祈りに似た気持ちを言葉に表しますと、自分より弱い立場の人を守ってあげよう、例えばお年寄りとか子供さんを思いやろうというふうになると思います。
それから見知らぬ人にも愛を贈りましょう。明日はもっと良くなるという夢を持ちましょう。人のために何かしてあげてもお返しを求める気持ちは捨てましょう。
お寺や神社、街角のお地蔵さんなどを見かけたらちょっと立ち止まって、軽く頭を下げるような謙虚な気持ちを持ちましょう。
それからお月様にありがとう、お星様にありがとう、お日様にありがとう、目に触れるもの耳に聞こえるものすべてに「ありがとう」という感謝の気持ちを捧げましょう。
道端に咲いている名前もない花一輪にも感謝の気持ちを表しましょう。
そよ吹く風にありがとう、さえずる小鳥にありがとう、輝く日差しにありがとう、流れる水にありがとう、すべての人にありがとう。
自分が自分ひとりで充分生きているというわけではない。誰かによって何者かによって「生かされている」というそこに気がつきましょう。
このことが私の提唱する「こころの再生」につながると思います。

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ