HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第50号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第50号 ~「こころの再生」府民運動~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

みなさん、こんにちは。2010年最初の「ここねっと通信」です。今年も、こころが通う街大阪を目指して運動を進めてまいります。ご愛読よろしくお願いいたします!

 

「ここねっと通信」は、こころのサポーターのみなさんに、「こころの再生」府民運動の最

新情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動や、このメールマガジンを盛りあげていきたい

と考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

==MENU======================================

■□新着情報□■

○平成22年3月27日(土)に「みんなで歌おう!『こころの再生』音楽祭2010」を開催します。

○大阪「こころの再生」パートナー協定締結数が、100企業・団体を超えました。

○「小学生ワッハ落語探検ツアーズ」参加者募集中!

○平成21年12月16日(水)に富田林市立板持幼稚園で「さわやかコーラスレッスン」開催!

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

■□イベント情報□■

○「こころの再生」に関連するイベント情報をお知らせします。

■□大阪府からのお知らせ□■

○大阪教育ゆめ基金への寄附のお願いです。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kikin/index.html

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第50回は、大阪市立芸術創造館副館長の 松原 利巳さんです。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/matsubara.html

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

==========================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○平成22年3月27日(土)に「みんなで歌おう!『こころの再生』音楽祭2010」を開催します。

 日時:平成22年3月27日(土)13:30~15:15(予定)

場所:大阪府立中央図書館ライティホール

 大阪府立夕陽丘高等学校音楽科のオーケストラ演奏のもと、府民運動のイメージソング「み

んなトモダチ」や四季の童謡メドレー等を会場の子どもたちと大合唱するなど、子どもと大

人が一緒に音楽を楽しんでいただけるコンサートです。

2月上旬から、申込み受付開始予定です。詳しくは後日、ホームページに掲載します。

○大阪「こころの再生」パートナー協定締結数が、100企業・団体を超えました。

○「小学生ワッハ落語探検ツアーズ」参加者募集中!

 日時:平成22年3月20日(土)10:00~11:30 場所:ワッハ上方(大阪府立上方演芸資料館)

 親子で落語を楽しむことができる体験ツアー!小学生を対象に、落語家の桂小春団治さんか

 ら落語や三味線などの鳴り物について教えてもらい、実際に舞台へ上がって落語の体験もで

きるイベントです。普段見ることのできない楽屋や舞台裏も見学していただけます。

○平成21年12月16日(水)に富田林市立板持幼稚園で「さわやかコーラスレッスン」開催!

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○2月の子どもファーストディは20日(土)です♪

○子どもファーストディ賛同企画「親子でものづくり こんなんつくるで!」

【日時】毎月第3土曜日 13時30分~15時 【場所】大阪府立近つ飛鳥博物館1階ロビー

   http://www.mediajoy.com/chikatsu/2009_kami/index_j.html#11

○「子どもの生活習慣づくりフォーラム in おおさか」

 平成22年1月30日(土)に、NHK大阪ホール他において、「こころの再生」府民運動の共催

事業である「子どもの生活習慣づくりフォーラム in おおさか」を開催します。

陰山英男氏(大阪府教育委員、立命館大学教育開発推進機構教授)の基調講演をはじめ、子

どもの生活習慣づくりに向けた近畿各府県での取組みや、大阪府が実施している「3つの朝運

動」(朝ごはん・朝のあいさつ・朝の読書)に関わる具体的な取組み事例を分科会形式で発表

した後、コーディネーターの桂小春団治さんによる全体のシンポジウムを行います。

「こころの再生」府民運動では、「朝のあいさつ」に関わる分科会(大阪歴史博物館)にお

いて、地域ボランティアの細川亮二さんに「あいさつキッズ」の実践報告をしていただきます。

また、府内中学生による「あいさつ運動」の実践報告を行います。

シンポジウムでは、特定非営利活動法人青少年育成審議会JSI理事長の吉村憂希さんに、

パネリストとして、各分科会の内容を報告いただくとともに、会場との意見交換を行います。

 ふれあい広場(NHK大阪ホール1階アトリウム周辺)では、食育クイズ、体力測定コーナ

ーなどの民間企業や団体のブースとともに、「こころの再生」府民運動も出展し、子どもたちの

ぬり絵やあいさつポスターづくりを行う予定です。

基調講演、各分科会及びシンポジウムには、事前の参加申込みが必要です。詳細は、下記ホ

ームページに掲載しています。ぜひ、みなさん、お誘い合わせの上、ご来場ください。

 http://www.pref.osaka.jp/chikikyoiku/kodomonoseikatu/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

   大阪府からのお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○大阪の子どもたちの確かな「学び」と「はぐくみ」を支えるため、「大阪教育ゆめ基金」を

創設しました。子どもたちの教育を充実するために、「寄附」を広く呼びかけています。

みなさまのご協力をお願いいたします。 詳しくはこちらをご覧ください。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoikusomu/kikin/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

松原利巳さん (大阪市立芸術創造館副館長)

「本物を鑑賞し、心を動かすことが大切」 (要約)

 海外、特に東欧、北欧などのヨーロッパ圏では、国が子ども向けの文化に多くの予算を使い、

様々なジャンルの優れた作品がたくさん作られています。

また、子どもたちには優れた文化芸術を見る権利があると考えられているので、文化の提供

者も優れた作品を作らなければならないという意識が高く、文化が食事と同じくらい、人間に

とって必要なものであるとされています。

「こころの再生」府民運動において、本当の意味で心が再生していくためには、「心を動か

すこと」、つまり感動する心を取り戻すことが必要で、そのために文化が非常に役に立つと思

います。

人間の情緒的な部分を動かすときや、他人のことを考え、人の話を聞こうとするときに必要

なのは想像力です。それが、今どんどん失われてきていることが一番の問題ではないでしょう

か。

 例えば音楽や映画、演劇、美術作品を見ていると、人は自ずといろいろなことを想像し、想

像することによって人は感動します。つまり心がどんどん動くようになる。そうすると普段の

生活でも、他人が嫌がることや、痛みや悲しみなどがわかるようになるはずです。

 子どもたちの心を再生させるためには、柔らかい心を持てるような環境を作ることが大切で

すが、まずは親が変わることから始める必要があると思います。

 芸術・文化が盛んな海外では、たとえ子ども向けの作品であっても、難しいテーマを取り上

げ、親と子どもが一緒に観ることができる作品づくりをしています。本物であれば、みんな理

由はわからないけれど何かを感じ、心が動きます。だから、良質な作品との出会いをきちっと

作ってあげることが、大人の責任だと思います。

 芸術文化に関わっている私たちは、特に、子どもの「こころの再生」というのを考えるとき、

本当に良いものを子どもたちに提供することを心がけ、どんなに小さなかたちでもいいから続

けていかなければならないと思っています。

 ※ホームページにて、メッセージの全文をご紹介しています。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/matsubara.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

ある外食チェーン店では食券販売機を置かず、店員さんが注文を取ることにこだわっている

そうです。その理由は、注文の時の「すみません、○○ください。」「承りました。」や、お

会計の時の「ごちそうさま。」「ありがとうございました。」といった一言二言であっても、

お客さんとのコミュニケーションを大切にしたいからだそうです。

食券制の方が、お店にとっては人件費を削減できますし、お客さんにとっては注文時の煩わ

しさから解放されて一石二鳥だと考えがちなのですが、食券制ではない方がお客さんのリピー

ター率が高いというデータもあったとか。

効率化が求められる世の中ですが、人と人の関わりは意識しているほど簡単なものではなく

て、わずかな会話や挨拶であっても決して無駄ではなく、むしろ人が無意識に求めているもの

なのかもしれません。

難しく考えなくても、会話、挨拶、声かけは、きちんとできると気持ちがいいですよね。「効

率」で片付けずに、大事にしていきたいと思います。

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターのみなさんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。このメールマガジンでは、

「こころの再生」につながるような、みなさんの日ごろの取組みなども掲載していきたいと考

えています。「私たちの取組みをもっとみんなに知ってほしい」「近々、こんなイベントを開

します」などの情報がありましたら、「こころの再生」府民運動事務局までお知らせください。

また、ご意見などもございましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは、お名前・メールアドレスを記入して、下記のアドレス

にご連絡ください。

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育総務企画課 広報・議事グループ
府庁代表TEL :  06-6941-0351 (内線5469)

?       e-mail????? :  kyoisomu-02@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ