HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第47号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第47号 ~「こころの再生」府民運動~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

みなさん、こんにちは。いよいよ9月に入りました。日中はまだ暑くても、ふとした時に秋の気配を感じます。季節の変わり目は、特に健康に注意しましょう。手洗い・うがいを忘れず、元気に秋を満喫したいものです。芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、収穫の秋…。みなさんにとって、実り多い秋になりますように。

 

「ここねっと通信 第47号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターのみなさんに、「こころの再生」府民運動の最

新情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動や、このメールマガジンを盛りあげていきたい

と考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

==MENU======================================

■□新着情報□■

○8月26日(水)「こころの再生」府民運動共催イベント「りそなキッズマネーアカデミー

2009」が開催されました!

○8月26日(水)大阪「こころの再生」パートナー協定締結企業・団体に新たに6企業・団

体が加わりました。

○8月9日(日)「こころの再生」府民運動共催イベント「さわやか親子アートフェスティバ

ル」が開催されました!

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

■□イベント情報□■

 ○9月の子どもファーストディは19日(土)です。みなさん、クーポン持ってでかけまし

ょう♪

■□パートナー協定締結企業・団体からのお知らせ□■

??○雪印乳業株式会社から、「乳の食育 雪印 食コミュニティ」活動についてご案内します。

  http://shokuiku.snowbrand.co.jp/index.html

 ○劇団銀河の新作公演のご案内?? http://www.ginga2000.com/

■□大阪府からのお知らせ□■

  ○大阪教育ゆめ基金への寄附のお願いです。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kikin/index.html

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第47回は、高野久輝さんです。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/takano.html

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

==========================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○8月26日(水)「こころの再生」府民運動共催イベント「りそなキッズマネーアカデミー

2009」が開催されました!(主催:りそな銀行、近畿大阪銀行)8月21日開催のりそな銀行

大阪本店の講座では、子どもたちは銀行見学や1億円体験、クイズなどを通して、楽しく金融

について学びました。

○8月26日(水)大阪「こころの再生」パートナー協定締結企業・団体に新たに6企業・団

体が加わりました。

○8月9日(日)「こころの再生」府民運動共催イベント「さわやか親子アートフェスティバ

ル」が開催されました!(主催:コカ・コーラウエスト株式会社、運営協力:京都造形芸術大

学)「自然とふれあう」「身近なものから感じる」の2つをテーマに、親子で楽しめるアート

ワークショップが開かれました。事務局も「ぬりえ」のブースをご用意しました。約600人

の親子が参加し、一緒に作業に取り組む中で、たくさんの会話と笑顔が生まれました。

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○9月の子どもファーストディは19日(土)です。みなさん、クーポン持ってでかけましょ

う♪

○子どもファーストディ賛同企画「親子でものづくり こんなんつくるで!」

【日時】毎月第3土曜日 13時30分~15時 【場所】大阪府立近つ飛鳥博物館 1階ロビー

 http://www.mediajoy.com/chikatsu/2009_kami/index_j.html#11

○やよいミュージアムコンサート「デュオのひととき」

気軽に音楽をたのしんでいただける、ミニコンサートのご紹介です。

【日時】9月13日(日)14時~15時30分

【場所】大阪府立弥生文化博物館 エントランスホール

※参加費無料(入館料のみ必要で、中学生以下は無料)

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/musiam/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

パートナー協定締結企業・団体からのお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

1 雪印乳業株式会社では、さまざまな「食」の体験をしていただく「乳の食育 雪印 食コ

ミュニティ」活動を通じて、お客様の心に残る“おいしい顔”づくりを応援しています。その中から3つのプログラムをご紹介いたします。

①「食育支援“小学校出張授業”」

 食育ビデオ「感謝をこめていただきます!~牛から学ぶいのちの恵み~」の視聴を基本に、

いろいろなお話・手作り体験などを組み合わせた、小学校向けの体験型出張授業です。栄養士

が出張し、「発見」「感動」「楽しさ」がつまった授業を展開します。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2009/week_2009_0730.html

②「チーズを美味しく楽しむ会」

 チーズにまつわる興味深いお話とともに、チーズの試食・おいしいレシピの紹介なども

ご用意しています。開催時間・場所等に関しましては、ご相談させていただきます。

③「出張“乳製品料理講習会”」

全年齢層に大切なカルシウムたっぷりのメニューのご紹介・実習と、乳製品のおいしさや健

康への働き・最新の栄養情報などを、わかりやすくお話します。

《お申込み・お問合せ先》

雪印乳業株式会社 関西コミュニケーションセンター 食育チーム

大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田 6階

TEL:06-6133-3658? FAX:06-6133-3693 (担当:浅野)

http://shokuiku.snowbrand.co.jp/index.html

2 「劇団銀河」新作公演のご案内

【タイトル】『不思議でたまらない』 【作】松雪アユム

【公演日】2009年10月23日(金)・24日(土)・25日(日)

【チケット一般発売日】2009年9月1日(火)

(詳しくは、ホームページをご覧ください。 http://www.ginga2000.com/ )

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  大阪府からのお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○大阪の子どもたちの確かな「学び」と「はぐくみ」を支えるため、「大阪教育ゆめ基金」を

創設しました。子どもたちの教育を充実するために、「寄附」を広く呼びかけています。

みなさまのご協力をお願いいたします。 詳しくはこちらをご覧ください。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kikin/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

高野 久輝 さん(医学博士)

「探求するこころを育てることが大切」

 成長期の子どもたちにとって最も大切なことは、健康で元気な体を作ることです。健康は

大人になってからも全ての基礎になるからです。お父さん、お母さん方は、子どもたちにバラ

ンスの取れた食事、適切な運動、十分な休養・睡眠など、正しい生活習慣の基本を身につけて

あげてください。

 その上で、子どもの年齢に応じた探究心~事物の真の姿は何かを探り、見極める心~を育て

ることが必要だと思います。子どもたちは成長の過程で、自然に、自分の将来を考えるように

なりますが、そのとき、社会のなかでの責任や義務を含めて、何をなすべきかを自分自身で

見つけることが大切です。

 子どもが探究心を持って、自分の興味のあることや好きな分野について深く考えるように

なると、子ども達の思考力が深まり、興味ある分野を軸にして幅広い知識や見識を広げること

ができます。

 大人になってからも、人生の節目、節目で、世の中で自分は何をやらねばならないかを考え

ることが必要だと思いますが、子どもの頃からのこうした深く考え、見極める力が役に立つと

思います。

 さて、私は、小学校の頃、学校から帰ると日暮れまで、とんぼや蝉捕りに夢中になって遊ん

でいました。中学生になると、ラジオづくりに凝って、自分が飛ばす無線(電波)がどこまで

飛んでいるかを遠くの家まで行って調べたものです。また高校時代は生物部で、蛇が餌である

蛙を飲み込み、消化していく段階に応じた標本を作って、胃の中の溶け具合を文化祭で展示

したりしました。

 大学を受験するときになって、はたと工学部に行こうか、医学部に行こうかとても迷いまし

た。どちらも自分の好きな道だし、ラジコン飛行機の工学にも非常に興味がありましたから。

最終的に、父親の影響もあって、医学部に進みましたが、心臓外科医になってからは、人工

心臓の研究で、心臓を動かす制御駆動装置などを作る必要があり、中学時代からの機械づくり

への思いや技術を活かすことができました。好きだった工学と医学の両方が人工心臓研究の

原動力になったのです。

 また、体力を要する外科手術やアフリカなど海外での医療貢献に頑張ることができたのは、

子ども時代に昆虫採集や魚つりなどの外遊びで培った健康で、元気な体のおかげだと思って

います。

 人は、好きな道で一所懸命に努力し、社会の中で責任や義務を果たせることは、大きな喜び

になります。私は、これまで若い研究生や学生に、自分でやりたいことが何であるかを見出し、

それを実行に移すようにとよく言ってきました。自ら考え、工夫しながら努力することは、

自分に責任を持つとともに、やり遂げた際には、とても大きな自信になり、ひいては責任ある

大人としてステップアップに繋がります。

 今の子どもたちにも、自分の興味あることや好きなことへの探究心を持ち、それを実行に

移してほしいと思います。保護者や先生は、ああしろ、こうしろと方法を教えるのではなく、

子どもが自分で考える過程を大事にし、じっくりと見守りながら、迷ったときや道を外しそう

なときに、そっと助言をする程度でいいのではないでしょうか。そして、何より子どもの探求

する気持ちを育ててあげてほしいのです。

 そうすることで、物事を深く考える力や困難な問題に向き合う勇気、それを解決する知恵を

伸ばすとともに、最も大切な子どもたちの豊かなこころを育てることができると考えます。

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 朝の電車に学生さんたちが戻り始めるこの時期になると、昼間の暑さはまだまだ厳しくても、

朝晩の空気がふっとひんやり感じられることが多くなり、暑さよりは寒さに強い私には少しほ

っとする季節です。皆さんはどんな風にこの夏を過ごされたでしょうか。

 

私は今年度から、「こころの再生」府民運動の担当グループの一員になったのですが、昼間の

ほとんどの時間を職場で過ごしているため地域とのつながりはほとんどなく、子どももいない

私にもできる取り組みってあるものかと考えた時、ひとつだけ折に触れて意識していることが

ありました。

-おかげさんを大切に-。二十年来の友達の影響です。もう何年も前、その友達の家に行っ

た時のことで、強く印象に残っているやりとりがあるのですが、友達夫婦は普段の生活の中で、

お互いに感謝の気持ちをきちんと言葉にしていました。夫は、妻が食事を準備してくれて

「ありがとう」、妻は、夫が洗濯物を干してくれて「ありがとう」。そんな言葉がごく自然に

交わされていました。

もともとできている人にとっては特別な光景ではないのでしょうが、私にはとても新鮮に映

り(驚きと言ってもいいほどでした)、いかに自分には習慣のないことかに気づくきっかけにな

りました。私は、相手が近い関係であればあるほど、照れや、言わなくてもわかってるはず、

という甘え、日々やってもらうのが当たり前のように思い込んでしまっていたことなどもあり、

「ありがとう」をきちんと口に出して言っているとはいえませんでした。

ですので、最も身近な相手に対して、当たり前にならずに感謝の気持ちをその都度きちんと

伝えるのはとても素敵なことだと感じ、心に焼きついていました。友達夫婦のスタイルは、そ

の後私も結婚して新たな家族と生活する中で最もお手本にしている姿です。(もちろん、少し照

れくさいと思う癖は完全には抜けませんし、その時の機嫌によってなかなか素直になれないこ

とも、ままありますが…。)

ちょっとした「おかげさん」を、思っているだけでなく口に出して伝えることで、お互い気

持ちよく過ごせることを実感しているので、私もそのうち、どんな場面でも自然に言葉が出る

ように意識し続けたいと思っています。

 

まだまだ昼間は暑い日が続きますが、皆さんも夏のお疲れなど出されないように気をつけて

ください。

 

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターのみなさんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。このメールマガジンでは、

「こころの再生」につながるような、みなさんの日ごろの取組みなども掲載していきたいと考

えています。「私たちの取組みをもっとみんなに知ってほしい」「近々、こんなイベントを開

します」などの情報がありましたら、「こころの再生」府民運動事務局

( kyoisomu-02@sbox.pref.osaka.lg.jp )までお寄せください。また、ご意見などもござい

ましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは、お名前・メールアドレスを記入して、下記のアドレス

にご連絡ください。

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育総務企画課 広報・議事グループ
府庁代表TEL :  06-6941-0351 (内線5469)

?       e-mail????? :  kyoisomu-02@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ