HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第43号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第43号 ~「こころの再生」府民運動~

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

 

皆さんこんにちは。もうすぐ4月ですね。今年1年「こころの再生」府民運動を応援いただき、

ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

「ここねっと通信 第43号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターの皆さんに、「こころの再生」府民運動の最新

情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動やこのメールマガジンを盛りあげていきたいと
考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください)

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

==MENU======================================

■□新着情報□■

○3月23日(月)「こころの再生」百人衆を追加しました。

○3月24日(火)平成20年度府立学校の関連事業の取組みを紹介します。

○3月25日(水)イメージソング「みんなトモダチ」をHPや携帯サイトからまもなく配信開始!

○3月26日(木)「こころの再生」実践パンフレットがもうすぐ完成します。

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

■□イベント情報□■

「こころの再生」に関連するイベント情報をお知らせします。

■□「大阪府からのお知らせ」□■

 ○大阪教育ゆめ基金への寄附のお願いです。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kikin/index.html(大阪教育ゆめ基金)

 ○児童生徒の携帯電話使用に関する啓発キャンペーンのお知らせ

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisityoson/jidoshien/cpn/cpntop.htm

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第43回は、株式会社デイ・ワークス 代表取締役 松井 哲也さんです。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/matsui.html

■□メディア掲載情報□■

 「こころの再生」が取り上げられた新聞記事などについて報告します。

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

==========================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○3月23日(月)「こころの再生」百人衆を追加しました。

 俳優の新藤栄作さん、NPO法人チャイルド・リソース・センター宮口智恵さん、藤原ビルオーナーの

 藤原英祐さん、大阪天満宮宮司の寺井種伯さん、細野ビルオーナーの細野房雄さんから

 いただいたメッセージを掲載しました。

○3月24日(火)平成20年度府立学校の関連事業の取組みを紹介します。

 今年もたくさんの府立学校で、「こころの再生」関連事業が取り組まれましたのでご紹介します。

○3月25日(水)イメージソング「みんなトモダチ」をHPや携帯サイトからまもなく配信開始!

 HPの新着情報下の「>>イメージソング」からダウンロードできるようになります。

 携帯電話の着信音にして、みなさんに広めてくださ~い。

○3月26日(木)「こころの再生」実践パンフレットがもうすぐ完成します。

 「こころの再生」って具体的に何をしたらいいの?という疑問に答えるための実践パンフレット

 を作成しました。実践のためのキーワードが満載。HPの新着情報下の「>>実践パンフレット」

 からダウンロードして、ご活用ください。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 ○4月の子どもファーストデイは、18日(土)です。みなさん、クーポン持ってでかけましょう。

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  大阪府からのお知らせ (大阪教育ゆめ基金への寄附のお願い)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○大阪の子どもたちの確かな「学び」と「はぐくみ」を支えるため、この度「大阪教育ゆめ基金」を

 創設しました。

 子どもたちの教育を充実するために、「寄附」を広く呼びかけています。

 皆様のご協力をお願いいたします。

 詳しくはこちらをご覧ください。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kikin/index.html(大阪教育ゆめ基金)

○児童生徒の携帯電話使用に関する啓発キャンペーンのお知らせ

 平成20年7月に実施した「児童生徒の携帯電話利用に関する実態把握調査」の結果から、

 携帯電話への過度の依存及び被害・加害の実態が明らかになりました。

 これを受けて平成20年12月に「携帯・ネット上のいじめ等課題対策検討会議」から7つの提言を

 いただきました。

 同提言には「入学・卒業時など適切な時期における効果的な指導と工夫ある周知・啓発」の

 必要性について示されており、中学校へ進学する際の入学説明会等を活用して、保護者の

 啓発を図ることも視野に入れて府内全域で「児童生徒の携帯電話使用に関する啓発キャン

 ペーン」を展開しています。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisityoson/jidoshien/cpn/cpntop.htm

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サポーターからのお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○「親子のふれあい、自然体験をお手伝いする企画」です。

都会にはない、あるがままの自然!新鮮な空気!地元の特産を活かしたおいしい料理!

伝統の技!四季折々の田舎体験企画をご用意しております。

【ツアー名:春の旬“たけのこ掘り”と美味しい“たけのこ料理”!!】

 ・旅行実施日:平成21年4月18日(土)・19日(日)

 ・旅行代金:大人お一人様8,800円、子供お一人様7,800円

 ・ツアー内容:たけのこ掘り体験(里山の中でたけのこ掘り体験☆)

   ⇒たけのこ料理教室(地元のお母さんに教わります♪)

   ⇒竹細工作り(オリジナル作品はお土産に☆)⇒農作物直売所『森の民』(お買い物)

 ※詳しくはHPをご覧下さい。→ http://www.ntour.jp/

※お問い合わせは、農協観光西日本グリーンツーリズム支店まで

TEL:06-6391-2760 FAX:06-6391-2817

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 松井 哲也さん(株式会社デイ・ワークス 代表取締役)

「一期一会の出会いを大切に」

私には、子どもがいないため、社員をわが子だと思って接しています。だから、社会人として

の基本的なあいさつや食事のマナーなどができていないときは、きっちり指導し、時には強く

叱りもします。社会の役に立ち、お客さまはもちろんのこと、世の中の皆様に喜んでもらえる

企業人、社会人であるべきだと思うからです。

ただ残念なことに、最近の若い人は、先輩と後輩のけじめがついていなかったり、あいさつ

など当たり前のことができない人が多いように思います。例えば、人に何かをしてもらったら、

お礼を言う、感謝する、次は自分もお返しをするなどは、家庭での躾であったり、学校以外にも、

成人するまで様々な経験をする中で、自ずと学んできていると思うのですが。子どものころから、

与えられるばかりで、実体験が少ない状況のせいもあるのでしょうか。

こうした中、先日、わが社の社訓を『天地に恥じざる心を養うべし』、『謙譲と温和の心を

養うべし』、『礼儀を重んずるべし』に定めました。この3つは、5歳から空手をやっていた

妻から教えてもらった言葉ですが、今でもすらすらとそらんじることができると言います。

子どもは、難しい言葉の意味を理解できなくとも、自然と体に浸透すると、言動にも、態度

にも表れてくるものです。子どもには、社会のルールや人としての決まりごとなどは、大人の

責任できちんと繰り返し教えていかないといけないと思います。

私の親父は元軍人でしたから、たいへん厳しいというか、それこそスパルタでしたね。小学校

6年に上がるまでは、あかんことをしたら、理屈の前に、先に手が飛んできました。

親と子どもの信頼関係ができていたから、子ども心にも躾だと感じていたのでしょうか、

素直に怒られていました。中学へ上がりますと、一変して、大人の一員だからと怒られなく

なりました。自分のことは自分で責任持ってやれということです。でも、一度だけ父親との

約束を破って、外で友達とふざけてタバコを吸ったことがあって、それがばれて、手の骨を

折られるくらい、殴られたことがありました。それだけ、親も真剣に子どもと向き合っていた

んですね。

私は府立高校時代、硬式テニス部に入っていました。当事は硬式テニス部がある公立校は

少なく、私立学校は結構、中学からやっている学校が多く、やはり強いんですよね。私達は、

高校生になってから始めていますので、技術というよりいわゆる漫画のスポ根の世界なんです。

走って、スマッシュ打たれまくって、転んでっていう状態です。

そんな中、府立高校生の中から、育てたらある程度まで行くかなという生徒を集めて、指導を

してくださった幾人かのプロテニスプレーヤーがいらっしゃいました。生徒達の学校は、別々

でしたが、部活を飛び越して、同級生、先輩・後輩間、指導者とのテニスを通じた強い人間

関係ができていきました。こうした人とのふれあいが、今の私を形作ってくれたと言っても

過言ではありません。

実は、その当事の縁の人たちが、我が社が入居しているこのビルに集まっているんですよ。

経営コンサルタント、中小企業診断等様々な職種の方がいらっしゃって、仕事上の大切な

パートナーになっています。例えば、一つのプロジェクトを相談しても、この仕事は、この

弁護士とこの司法書士に相談してやったらいいとか、最も効率的で効果的なネットワークを

瞬時に組み合わせてもらえるんです。全員プロフェッショナルなので、非常に仕事がやりやすく、

結果として良い仕事をお客さまにご提供できます。

私自身が独立して、創業するときにも、応援するから起業したらいいと背中を押してもらい

ました。本当に人のご縁をいっぱいいただいて、ここまでしてもらったと思っています。

13期をやってこれましたのも、当たり前のことを当たり前にちゃんとやって、信用と信頼を

守ってきたから、今も変わらずご支援いただいたり、色んな方が応援してくださいます。

人のご縁にすごく恵まれた人生やなあと心から感謝しています。

人との出会いは「一期一会」と言いますが、本当に大事にしないといけませんね。

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メディア掲載情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

新聞等のメディア掲載情報を報告します。

・3月13日 毎日新聞(朝刊25面) こころの再生メッセージ(岡本依子さん)

・3月20日 毎日新聞(朝刊25面) こころの再生メッセージ(朝原宣治さん)

・3月24日 読売新聞(朝刊15面) 大阪府教委リレー講座 第1回・2回

・3月25日 読売新聞(朝刊29面) 大阪府教委リレー講座 第3回・4回

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 いよいよ4月、期待で胸がふくらむ一方で、少し不安と淋しさを感じるこの季節。咲く桜、

散る桜がそれらを象徴しているようです。今年も大勢の方が桜見物に様々な名所へと足を運ば

れることでしょう。

 先日のこと、5歳の姪と家の近くを散歩しました。小さな子どもの足ですので、そう遠くへは

行けませんが、その道すがら色んな発見があり思いのほか楽しめました。まずは『青汁カフェ』

なるものを発見。木造の小さな角店で木のカウンターの壁には青汁の回数チケットがたくさん

貼ってあります。けっこう常連さんがいるんですね。青汁ワッフルなんていうメニューも

ありました。しばらく行くと和風のカフェが。確か以前は質屋だったところです。姪の話を

聞きながら、足を進めると次はイタリア料理店。カントリー風の可愛らしい店構えです。

このお店の反対側の道なら毎日往復しているのに、全く気がつきませんでした。

 住宅が密集していたところが原っぱになっていたり、逆に原っぱだったところにマンション

が立っていたり、特別な日にはよく買いに行った小さなケーキ屋さんが美容室になっていたりと、

これほどまでに近所の様子が変わっていることに、ただただ驚くばかりです。

 7年前に愛犬を亡くして朝夕の散歩をしなくなってから、家と駅との間を最短コースで往復

するだけの毎日。休日には電車で繁華街に出かけたり車で遠出をしたりはするんですが、

生まれ育ったわが町を歩くことはありませんでした。

 向こうからやって来るおばさんに姪が「こんにちは」と言って頭を下げているのを見て、

今ではこの子の方が、この町でしっかりと根を張って生活しているんだなと実感しました。

 一本向こうの道を通る、少し遠回りをする、それだけでほんの少し気持ちが豊かになります。

その少しのゆとりがもたらしてくれるものは、意外に大きいものです。今年は何年かぶりに、

愛犬と散歩した小さな公園の桜を見に行こうと思います。

 おかげさまで「こころの再生」府民運動も4年目を迎えます。これまで様々なかたちで協力、

応援してくださったサポーターの皆さん、本当にありがとうございます。これからも府民運動

の輪を身近なところから広げていってください。私たち事務局一同も、気持ちをあらたに

「こころの再生」府民運動に取り組んでいきます!

 

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターの皆さんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。

また、このメールマガジンでは、「こころの再生」につながるような皆さんの日ごろの

取組みなども掲載していきたいと考えています。「私たちの取組みをもっとみんなに

知ってほしい」「近々、こんなイベントを開催します」などの情報がありましたら、

「こころの再生」府民運動事務局(kyoikuseisaku-g13@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで

お寄せください。

これからも、「ここねっと通信」をよりよくしていきたいと考えておりますので、

ご意見などがありましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは、お名前、メールアドレスを記入して、下記のアドレスに、ご連絡ください。

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育政策室 総務企画課

 こころの再生グループ
府庁代表TEL:06-6941-0351(内線5469)

? e-mail:kyoikuseisaku‐g13@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ