HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第39号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第39号 ~「こころの再生」府民運動~

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

 

皆さんこんにちは。大寒を過ぎて寒い日が続きますね。インフルエンザも本格的に流行し始め

ました。みなさん、暖かい服装でうがいや手洗いを励行して、かぜをひかないようにお過ごし

ください。

「ここねっと通信 第39号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターの皆さんに、「こころの再生」府民運動の最新

情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動やこのメールマガジンを盛りあげていきたいと
考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください)

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

==MENU==========================================

□新着情報□■

 ○1月28日(水)子どもの豊かなこころを育む子育てリレー講座(第3回)開催!

 ○1月30日(金)「こころの再生」百人衆を追加しました。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

■□イベント情報□■

 ○「ロバの音楽座 愉快なコンサート」の申込み受付を開始しました。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2009/week_2009_0109.html

 ○2月7日10時、あいさつキャラバン隊が南海河内長野駅とJR鶴橋駅に出動します。

 ○「子どもの豊かなこころを育むリレー講座」第4回の申込みを受け付けています。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2008/week_2008_1110.html

 ○『おおさか・元気・伝統芸能』公演のご案内(文化課)

   http://www.pref.osaka.jp/bunka/genki/

 ○『小学生ワッハ落語探検ツアーズ』のご案内(大阪商工会議所地域振興部)

   http://www.wahha.or.jp/wahhaextours.pdf

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第39回は、ラグビー日本代表キャプテン 大畑 大介さんです。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/oohata.html

■□メディア掲載情報□■

 「こころの再生」が取り上げられた新聞記事などについて報告します。

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

===============================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 ○1月28日(水)子どもの豊かなこころを育む子育てリレー講座(第3回)開催!

  第3回はオリンピック選手の岡本依子さんと巽樹理さんからオリンピックでの逸話や

  自身の体験談などついて伺いました。

 ○1月30日(金)こころの再生百人衆を追加しました。

  大阪総合保育大学の児童保育学部長大方美香さん、島田病院の院長島田永和さんから

  いただいたメッセージを掲載いたしました。

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 ○「ロバの音楽座 愉快なコンサート」の開催について

  「こころの再生」府民運動では、「豊かなこころを育むリレー講座」の特別講座として

親子が楽しく学べる「ロバの音楽座 愉快なコンサート」を開催します。

・日時   平成21年2月21日(土)

・時間   開場:13:30  開演:14:00~16:15(予定)

・対象   小学生以下の子どもとその保護者

・お問合せ 府民お問合せセンター

電話番号 #8001 または 06-6910-8001 FAX番号 06-6910-8005
住所 〒540-8570 大阪府大阪市中央区大手前3丁目2-12

・申込み  申込み方法は、郵送 FAX 電子申込み  の3種類です。

参加者全員の名前、年齢と代表者の連絡先(郵便番号、住所、電話番号)を

ご記入の上、上記いずれかの方法でお申込みください。

申込み締切りは、2月10日 です。

  ・詳しくは、こちらのHPをご覧ください。

   http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2009/week_2009_0109.html

○2月7日(土)10時、あいさつキャラバン隊が、南海河内長野駅とJR鶴橋駅に出動します。

  河内長野市内、大阪市内の小・中・高校生からなる「あいさつキャラバン隊」があいさつ

  の大切さを呼びかける啓発活動を1時間程度実施します。近くにお住まいのこころのサポ

  ーターの方、是非お立ち寄りいただいて、子どもたちの活動を応援してください。よろし

  くお願いします。

○「子どもの豊かなこころを育むリレー講座」の申込みを受け付けています。

 「ほめる・笑う・しかる・食べる」で子どもと接するためのリレー講座を開催します。

  みんなで一緒に子育て考えましょう。是非、ご参加ください。

  第4回 平成21年2月10日(火)中井政嗣氏 申込み締切り1月23日(金)

※申込みの締切りは過ぎていますが、まだ若干お席に余裕があるため、引き続き受付をして

  います。

  https://www3.shinsei.pref.osaka.jp/ers/Uketuke/Form.do?tetudukiId=2008100219

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 ラグビー日本代表キャプテン 大畑 大介 さん

ラグビーから学んだもの、それは「リ・スタート(再出発)」!
~仲間を信じ、あきらめないこと~

ラグビーから学んだことを皆さんに伝えたいと思います。

ぼくは小学生の時にラグビーを始めました。
少年ラグビーのチームに入ったのですが、その時はぼくより早くラグビーを始めた子らが

うまく見えて、なかなかチームに溶け込みにくかったのを覚えています。

ぼくはもともと体が大きいほうではないのですが、走ることだけは速かったのです。
それで、毎日ラグビーを続けるうちに徐々にチームでも認められるようになりました。
その後、中学校、高校と進むにつれて、自分でも知らないうちに全国的に名前が知られていく

ようになりました。

そんなぼくにとって悔しいことがありました。
自分では選ばれるだろうと思っていた高校代表から漏れたのです。
怪我人が出て、結果的には繰上げで代表にはなりましたが、NZでの一番大切な試合でのぼくの

任務はビデオ係でした。

思えば、ここからぼくの「リ・スタート」(再出発)が始まりました。
自分自身を見つめ直しました。
すると、一生懸命に打ち込むことを心のどこかで恥ずかしいと思っていた自分、自信過剰で

有頂天になっていた自分が見えてきたのです。

このことは、大学に進学した時、2年先輩の広瀬さん(現・トヨタ自動車)の必死に練習に

打ち込む姿からも教えられました。
だからこそ今の「大畑大介」があるのだと思っています。

何といってもラグビーの魅力は、仲間にボールを託すこと。
自分を信じ、仲間を信じることで、大きな信頼関係、強い絆が生まれます。

ぼくより才能のある人がたくさんいる中でぼくがここまで来れたのは、あきらめずに続けて

きたからです。
言い換えれば、ぼくはあきらめが悪いんです!

あきらめるのは簡単。
でもあきらめたら何事もそれで終わり。
あきらめずに続けると、きっと何かが見えてきます。周りの人とも繋がっていきます。

ぼく自身が親の立場になって、最近の子どもをめぐる悲しい事件に今まで以上に心を痛める

ようになりました。
それらの事件の根底には、人と人との関係性が希薄になってきていることがあるように思います。
人と繋がること、人と接することで人間は楽になるんですよ。
何よりぼく自身がそうでしたから。

スポーツでも、勉強でも、あるいは社会貢献でも何でもいいんです。
何かに打ち込んでみませんか。
そして多くの人と関わってみませんか。

途中で転ぶこともあるでしょう。
だけど転んで「リ・タイア」するのではなく、そこから「リ・スタート」しましょう。
それがまさに「こころの再生」、「再出発」なのです。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/oohata.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メディア掲載情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

新聞等のメディア掲載情報を報告します。

・1月16日 毎日新聞(朝刊21面) こころの再生メッセージ(土居年樹さん)

・1月23日 毎日新聞(朝刊21面) こころの再生メッセージ(巽 樹理さん)

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

年が明けて、早やくも2月の声が聞こえてきました。3日は節分、季節の分かれ目です。

厳しい寒さもあと少しの辛抱ですね。

節分と言えば、鰯の頭を柊の小枝に刺したり、炒った大豆を年の数だけ食べたりといくつかの

風習がありますが、食いしん坊の私にとっては巻き寿司の丸かぶりが楽しみです。

最近は豪華な具材がびっしりと巻かれた「太巻き」も多く見られますが、ここでは我が家伝来

の巻き寿司をご紹介します。具は菜種の花の漬物と削り鰹(家で削ります)を醤油と化学調味

料で味付けして混ぜただけのもの。これを炊き立てのご飯(酢飯ではありません)にたくさん

乗せて、海苔で巻きます。これだけです。

去年101歳で他界した祖母が元気なときは、せっせと巻いては出来立てを渡してくれました。

「細めのやつを2本巻いて!」「もうちょっと欲しいけど、誰か半分個せえへん?」

「えっ、もう3本目食べてるの?」などなど。無言で恵方に向かって・・とは程遠い食卓です。

先日、健康アドバイザーの大ぞの千恵子さんをお迎えして『子どもの豊かなこころを育む

リレー講座』を開講し、「食べる」をテーマに講演をしていただきました。身体に良い食べ物を

バランスよく摂ることの大切さ、食は心を育むということを教えていただきました。

我が家の巻き寿司は栄養のバランス面ではやや疑問ですが(焼いた鰯と豆腐の味噌汁は付きま

すが・・)、ごはんを楽しくにぎやかにモリモリ食べることに関しては、きっと合格点をいただ

けると思います。

サポーターの皆さんのお家でも、「我が家伝統の味」があるのではないですか?

料理に限らず「伝えられて伝える」ということの大切さを感じながら、今年も菜種巻きを丸か

ぶりすることにしましょう。

 

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターの皆さんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。

また、このメールマガジンでは、「こころの再生」につながるような皆さんの日ごろの

取組みなども掲載していきたいと考えています。「私たちの取組みをもっとみんなに

知ってほしい」「近々、こんなイベントを開催します」などの情報がありましたら、

「こころの再生」府民運動事務局(kyoikuseisaku-g13@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで

お寄せください。

これからも、「ここねっと通信」をよりよくしていきたいと考えておりますので、

ご意見などがありましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは、お名前、メールアドレスを記入して、下記のアドレスに、ご連絡ください。

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育政策室 総務企画課

 こころの再生グループ
府庁代表TEL:06-6941-0351(内線5469)

? e-mail:kyoikuseisaku‐g13@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ