HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第21号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第21号 ~「こころの再生」府民運動~

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

皆さんこんにちは。本格的に寒くなってきましたね。

風邪などひかないように、朝晩は特に暖かくしてお過ごしくださいね。

「ここねっと通信 第21号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターの皆さんに、「こころの再生」府民運動の最新

情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動やこのメールマガジンを盛りあげていきたいと
考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください)

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

==NEMU==========================================

■□新着情報□■

 ・ 大阪高校生フォーラムを開催しました!!

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第21回は、元シンクロナイズドスイミング日本代表の奥野史子さんです。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/okunofumiko.html

■□サポーターからの報告□■

サポーターから寄せられた報告です。

・ 特定非営利活動法人 青少年育成審議会JSI からの報告

■□メディア掲載情報□■

「こころの再生」が取り上げられた新聞記事などについて報告します。

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

===============================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○ 大阪高校生フォーラムを開催しました。

市岡高校吹奏楽部の演奏で開幕し、「自分の想いを社会へ」と題した9名の高校生による
メッセージのあと、大阪女学院高校ありらんの会、茨木東・北摂つばさ高校ダンス部、
桃山学院高校クラシックギター部、今宮高校ダンス部のパフォーマンス、そして9名の高校生に
芥川賞受賞作家玄月さんを交えてのディスカッションと盛りだくさんの内容でした。

実施時期や方法に対するご意見と共に、「今日の高校生たちが、しっかりとした考えを
持って社会に関心を向けて行動していくようすが分かり頼もしく思った。」「茅ヶ崎から
来たが、神奈川とは違った角度からの子どもたちへの取組みに感動した。神奈川でも参考に
したい。」等といったうれしい感想をいただきました。
http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2008/week_2008_0202.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 奥野 史子さん(元シンクロナイズドスイミング日本代表)

【自分で決めたことは最後まで。その積み重ねが大切】

今、1才と4才と子どもがいます。1才の息子は「ダメ」というくらいの言葉はわかるの
ですが、まだ色々やってしまう年頃です。一方、4才の上の子は叱ったらわかるし、
ちゃんと説明したら理解できるようになってきましたが、あれがやってみたい、これが
やってみたいという好奇心旺盛な時期です。ただ、自分がやると決めたことに対しては、
それを貫いてほしいと思っています。最近も、本人がフィギアスケートをやりたいと
言いましたので、始めさせましたが、自分が思っていたのと違ったとしても、しばらくは
続けさせるつもりです。自分で決めて、始めたかぎり、きっちりとやらせることが大事だと
思っているからです。

誰でも、子どものときの経験が積み重なって大人になっていきます。子どものときに
何かをやりたいっていう気持ちは、すごく大切だし、それを尊重してあげたいと思いますが、
やっていく中で、自分が思っているのと違うことって必ず出てきますよね。でもそこで止めて
しまうのではなく、それを乗り越えて、ゴールに向かって頑張っていく、というプロセスを
小さいときから積み重ねていくことが必要だと思っています。

大人になって社会に出たときに、就職して自分が思っていた職業に就きました、でも自分が
思っていたのと全く違っていました、じゃあ辞めましょうというような、そんな無責任な大人
になってほしくありません。そのためにも、子どものときから、きちんと最後までやり通す
習慣をつけてあげたいと思っています。

実際は、中に入ってみると、外から見ていたのとは違う場合が多く、想像もしない様々な
ことが起こります。子どものときから、自分の周りの小さな社会でそれを体験し、積み重ねて
いくことが、人を作っていくということではないでしょうか。

私自身も、大人になり、親になって初めてわかったことがたくさんあります。姉がシンクロ
をやっていた影響から、子どものときからシンクロを始めさせてもらいました。途中で、
止めたいと言ったこともあったのですが、私の親は「あなたがやりたいって言ったのでしょ。
やりたいと言って始めたことを中途半端にやめたらあかん。」と言いました。今では、
そう言って育ててくれた親に心から感謝しています。子どもの頃は、親に対して「なんで
そんなことを、何回も何回も言うんやろ?」と思ったものですが、「やっぱりそうだったん
やな。親が言っていたとおりだな。」と気付いたり、納得したりするようになりました。
そして、気づいたら、自分の親に言われていたのと同じことを子どもに言っている自分が
いるんです。

子どもにとって、いろんな物品を残すよりも、おじいちゃん、おばあちゃん世代から
伝えられてきたことが心の中に残っている方が、素敵な人生を送れるのではないでしょうか。
私も、そういった『子どもにとって素敵なもの』をいっぱい残してあげたいと思っています。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/okunofumiko.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サポーターからの報告

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○ 特定非営利活動法人 青少年育成審議会JSI からの報告

JSIは、「まちづくりはひとづくり」の理念に基づき、子育て支援から、子どもの
自立支援、青少年の健全育成ならびに防犯や防災のための諸活動を展開することにより、
心豊かで安全かつ安心できるまちづくりを担う、全世代にわたる「市民の自立」のための
総合的支援を行うことを目的としています。

このたび、1月29日から31日まで、堺市市民活動支援基金登録NPO法人活動展(堺市役所
ロビー)で「こころの再生」の展示を行いました。

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メディア掲載情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

新聞等のメディア掲載情報を報告します。

・2月13日 毎日新聞(朝刊24面) こころの再生メッセージ(田中 典彦さん)

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 2月2日(土)大阪府立教育センターで「大阪高校生フォーラム」を開催しました。

高校生が日頃感じていることを発表するメッセージの部は、外国籍の生徒2名を含めた公・私立
高校の9名、日頃の活動の成果を発表するパフォーマンスの部は、吹奏楽、韓国舞踊、ダンス、
クラシックギターといったさまざまな分野で5校が参加してくれました。

メッセージの部に参加した生徒たちは、活発に控室ではおしゃべりをしていましたが、
さすがに発表前になると何度も水を飲んだり、トイレに行ったりと緊張感は隠せない様子で
した。しかし、壇上に立つと、ときおり身振り手振りを交えながら、聴衆に聞き取りやすい
ように一語一語をはっきりと話す余裕をみせるなど、堂々たるものでした。

また、パフォーマンスの部に参加した生徒たちは、どの学校も日頃の練習の成果をいかん
なく発揮し、会場から盛んな拍手を浴びていました。

会場からも「現代の若者はテレビ等で悪いイメージがあったが、今日来て見直した。」
「今日の高校生がしっかりとした考えを持って、社会に関心を向けて行動している様子が
分かり、頼もしく思った。」といった感想をいただきました。

開催時期や周知方法等、運営面で課題も多く残りましたが、発表してくれた生徒からも
「貴重な経験をさせてもらいました。」と感想をもらってホッとしています。

当日ご参加いただきました皆様に、この場を借りて厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました。

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターの皆さんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。

また、このメールマガジンでは、「こころの再生」につながるような皆さんの日ごろの

取組みなども掲載していきたいと考えています。「私たちの取組みをもっとみんなに

知ってほしい」「近々、こんなイベントを開催します」などの情報がありましたら、

「こころの再生」府民運動事務局(kyoikuseisaku-g13@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで

お寄せください。

これからも、「ここねっと通信」をよりよくしていきたいと考えておりますので、

ご意見などがありましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは下記のアドレスにて

http://mm.kiis.or.jp/unsubscribe?mmid=iox0379

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育政策室 総務企画課

 こころの再生グループ
府庁代表TEL:06-6941-0351(内線5469)

? e-mail:kyoikuseisakug13@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ