HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第16号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第16号 ~「こころの再生」府民運動~

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

皆さんこんにちは。11月は「こころの再生」月間です。

17日にはふれあいウォーキングを開催しますので、秋空の下一緒に歩きませんか?

事前申込みは不要ですので、ぜひ参加してくださいね。

「ここねっと通信 第16号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターの皆さんに、「こころの再生」府民運動の最新

情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動やこのメールマガジンを盛りあげていきたいと
考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください)

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

==NEMU==========================================

■□新着情報□■

 ・「第2回『あいさつ運動』 能勢町あいさつキャラバン隊による啓発活動」を実施!

 ・「こころの再生」百人衆が続々登場!

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

□■イベント情報■□

 ・「こころの再生」府民運動“すこやかファミリー・ウォーキング”を開催

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_1117.html

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第16回は、来年度の北海道日本ハムファイターズの監督に就任した梨田 昌孝さんです。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/nashida.html

■□メディア掲載情報□■

「こころの再生」が取り上げられた新聞記事などについて報告します。

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

===============================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○ 「第2回『あいさつ運動』 能勢町あいさつキャラバン隊による啓発活動」が実施され
ました。(能勢町)

10月7日、「能勢町あいさつキャラバン隊」が、「のせ栗まつり」の会場であいさつの大切
さを訴えました。前回8月8日の活動に引き続き、2回目となる今回も能勢町が小・中・高校生
に教員や保護者、地域の方に呼びかけ、総勢70名を超える参加者がありました。

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_1007.html

○ 「こころの再生」百人衆に建築家 石丸 信明さんからいただいたメッセージを掲載
いたしました。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/academic.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○「こころの再生」府民運動“すこやかファミリー・ウォーキング”を開催します。

堺市の西原公園(泉北高速鉄道 栂・美木多駅下車)をスタートして、府立大型児童館
ビックバンまでの約7キロを、クイズに答えながら歩きませんか?クイズの正解者には抽選で
ステキな景品をプレゼント!

中学生以下の子ども連れのご家族を対象とするファミリー・ウォークの部と年齢無制限の

フリー・ウォークの部があります。事前の申込みは不要です。ふるってご参加ください。

詳しい内容はこちら

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_1117.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 梨田 昌孝さん(北海道日本ハムファイターズ監督)

【”こころ”のキャッチボール】

私の小学生時代は、リトルリーグ等もなく、近所の原っぱで、6つ年上の兄や友達と遊んだ
三角ベースが、私の野球人生のはじまりでした。とにかく、外で思いっきり遊ぶのが大好きで、
学校が終われば、毎日のように遊びまわってました。

その後、中学、高校と野球部で、厳しくも楽しい練習を重ね、夢だったプロ野球選手として
近鉄バファローズに入団できただけでなく、監督としても使っていただき、私を支えてくださ
った多くの皆さんに感謝しています。

この皆さんとのすばらしい出会いがあったからこそ、今の自分があるといっても過言では
ありません。 野球に限らず、人と人の出会いほど素晴らしく、大切なものはないでしょう。

残念ながら、オリックスとの球団合併のため、私が歴史ある近鉄バファローズの最後の監督
となったわけですが、その最後の試合のときに、望みを捨てずに誇りを持ってプレーして欲し
いとの思いから、選手たちに「お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの
永久欠番だ」という声をかけました。

選手やコーチ、スタッフ、そしてファンのことを思うと、当時のことを思い出すのは正直、
今でもつらいですが、一方で多くの「思いやり」を感じることができたのも事実です。

私は中学時代に父を亡くしたこともあり、当時は、新聞配達と集金のアルバイトをしていま
した。つらい仕事で何度もやめたいと思っていましたが、ある人から「小さいのにえらいねぇ」
とほめていただき、「言葉ひとつで人を救えるんだ」と気付くとともに、心の優しい大人に
なろう、思いやりのある大人になろうと誓いました。

「思いやり」は、私が野球という人生を通じて学んだ、最も大切なことのひとつです。
キャッチボールひとつとっても、「どうやったら相手の取りやすいところへ投げられるか」と
いう「思いやり」が必要なのです。

これは、野球だけでなく、人生や家族においてもまったく同じです。 言葉のキャッチボール、
“こころ”のキャッチボールも、相手を思いやる心、同じ目線があってはじめてチーム(家族)
ワークが生まれるのです。

【大人の皆さんへ】

「今時の子どもは」という言葉をよく聞きますが、今時の”大人”はどうでしょうか?

私は、母親から常々「自分がされて嫌なことは、他人にしてはいけない」と言われてきまし
たが、今の大人には、人の気持ちを汲める人が少ないように感じます。

どうか、家庭でのあいさつ、会話を、今以上に大切にしてください。

他人と比べずに、子どものいいところをどんどんほめてやってください。

そして、素晴らしいチームワークに満ちた家族を育ててください。

【子どもたちへ】

スポーツでもスケッチでも、なんでもいいから、家から一歩外にでて、太陽のもとで過ごし
てみませんか。

そこから、はじまる出会いやコミュニケーションが必ずあるはずです。

そして、自分の好きなこと、熱中できることをみつけてください。

集中してなにかに取り組むことは、必ず大きな成長につながりますから。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/nashida.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メディア掲載情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

新聞等のメディア掲載情報を報告します。

・10月31日 毎日新聞(朝刊26面) こころの再生メッセージ(生野 照子さん)

・11月7日 毎日新聞(朝刊22面) こころの再生メッセージ(三倉茉奈・佳奈さん)

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

先日、イベントの下見で、泉北高速鉄道の栂・美木多駅から泉ヶ丘駅までを歩いてきました。
大阪の北部に住む私にとって、泉北方面を歩くのは初めてでしたが、泉北ニュータウンという
街の中に、これほど自然豊かな緑道が整備されているのは驚きでした。

西原公園をスタートして、桃山公園、尾美濃池、荒山公園、竹城公園から大蓮公園を通って、
ゴールのビッグバンまで、紅葉にはちょっと早かったのですが、芸術的といえるほどのクモの
巣に見とれ、ドングリ拾いを楽しむなど、久しぶりに自然と親しむことができました。とくに
西原公園からこおろぎ橋までの栂緑道のサクラ並木は美しく、ぜひ、また春に訪れてみたいと
思います。仕事の関係でスーツに革靴での下見となりましたが、疲れを感じることもなく、
気持ちよく約7キロの下見を終えることができました。このメールをご覧いただいている皆様に
もぜひこの気持ちよさを味わっていただければと思います。

事前のお申込みは不要ですので、11月17日(土)10:30から11:30までの間に、西原公園(泉北
高速鉄道 栂・美木多駅下車)にお越しください。弁当・水筒をお忘れなく。

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターの皆さんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。

また、このメールマガジンでは、「こころの再生」につながるような皆さんの日ごろの

取組みなども掲載していきたいと考えています。「私たちの取組みをもっとみんなに

知ってほしい」「近々、こんなイベントを開催します」などの情報がありましたら、

「こころの再生」府民運動事務局(kyoikuseisaku-g13@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで

お寄せください。

これからも、「ここねっと通信」をよりよくしていきたいと考えておりますので、

ご意見などがありましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは下記のアドレスにて

http://mm.kiis.or.jp/unsubscribe?mmid=iox0379

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育政策室 総務企画課

 こころの再生グループ
府庁代表TEL:06-6941-0351(内線5469)

? e-mail:kyoikuseisakug13@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ