HOME » メールマガジン » バックナンバー » ここねっと通信 第12号 ~「こころの再生」府民運動~


「こころの再生」府民運動メールマガジン

ここねっと通信

バックナンバー

Vol.81以降のバックナンバーはこちら

ここねっと通信 第12号 ~「こころの再生」府民運動~

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

皆さんこんにちは。暑い日が続きますね。

「ここねっと通信 第12号」をお届けいたします♪

「ここねっと通信」は、こころのサポーターの皆さんに、「こころの再生」府民運動の最新

情報やイベント情報をお伝えするメールマガジンです。

みなさんと一緒に「こころの再生」府民運動やこのメールマガジンを盛りあげていきたいと
考えていますので、イベント情報や活動報告などがあれば是非教えてくださいね!!

(詳しくはこのメールの最後をご覧ください)

☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃☆〃

==NEMU==========================================

■□新着情報□■

 ・川柳コンテストの詳細が決まりました!現在作品を募集中!

 ・ コカコーラのイベントにおいて「こころの再生」府民運動をPR!

 ・「『あいさつ運動』 能勢町あいさつキャラバン隊による啓発活動」が行われました。

 ・「こころの再生」百人衆が続々登場!

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/index.html

□■募集情報■□

 ・ふれ愛フェスティバル「本de親子のコミュニケーション ~読み聞かせ・朗読講座~」
参加者を募集!!

 ・感動体験談・ポスター募集【主に小中高校生対象】

  http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0701.html

 ・ごはんdeにっこり!コンテスト【年齢制限なし】

  http://life-west.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/6206.html

 ・川柳コンテスト【16歳以上】

  http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/etc/senryu/

■□「こころの再生」百人衆メッセージの紹介です□■

 第12回は、ノンフィクション作家で「こころの再生」を考える有識者懇話会委員でもある
吉永 みち子さんです。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/yoshinaga.html

■□イベント情報□■

 「こころの再生」府民運動に関連するイベントを紹介させていただきます。

 ・9月1日(土)に大日駅(大阪市営地下鉄谷町線・大阪モノレール)と河内天美駅
(近鉄南大阪線)で小中高校生のボランティアからなるあいさつ運動キャラバン隊が出動!

■□編集者の一言□■

 「こころの再生」府民運動事務局メンバーのナマの声を掲載させていただきます。

===============================================

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新着情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

○「『こころの再生』川柳コンテスト」 作品募集中!

「ほめる・笑う・しかる」のいずれかをテーマに日常生活で感じることを表現した川柳を
募集しています。(主催=大阪府・大阪府教育委員会 共催=毎日新聞社)

「こころの再生」府民運動のあい(愛)言葉である「ほめる・笑う・しかる」のいずれかを
テーマに、日頃みなさんが感じておられること、考えておられることや日常生活での出来事
などを川柳に詠んでご応募ください。応募締め切りは9月28日(金)です。

あなたが思ったことや感じたことを、「五・七・五」のリズムに乗せた川柳に託して、
どしどし応募してくださいね!!なお、応募は、未発表のオリジナル作品に限ります。

【募集要項】

・テーマ: 「ほめる・笑う・しかる」をテーマに日常生活で感じること

・応募資格: 16歳以上(プロ・アマは問いません)

・応募方法: はがきに未発表のオリジナル作品3句まで。

郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記。

・締切り: 9月28日(金曜)必着

・審査: 川柳作家・やすみりえ氏らによる10月中旬の選考会でグランプリ1点、優秀賞5点、

入選20点を選定、10月下旬に毎日新聞紙上で発表

・表彰式: グランプリ、優秀賞受賞者を11月23日(金・祝)
大阪「こころの再生」フォーラム(NHK大阪ホール)にて表彰

・応募先: 〒530-8033 大阪中央郵便局私書箱1310号「川柳」係

・その他: ご応募された作品の返却は行いません。
また、著作権は大阪府、大阪府教育委員会及び毎日新聞社に帰属します。

・問い合わせ: 毎日企画センター TEL06-6346-8661(平日10:00~17:30)http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0816.html

○???? コカコーラ「さわやか チャリティ アートフェスティバル」において「こころの再生」府民運動をPR

 8月11日(土)に行われたコカ・コーラウェストグループ主催の「さわやか チャリティ

アートフェスティバル~こども未来創造プロジェクト~」において「こころの再生」府民運動

をPRしました。

会場では、「自然とのふれあい」「協力と思いやり」「親子のコミュニケーション」などと
いったテーマ毎にワークショップが開かれ、小枝や竹などの自然素材を使った風鈴づくりや
和紙を使ってのオリジナル「うちわ」づくりなどに、約1,000名の親子が協力して熱心に取り
組んでいました。

当日は、フェスティバルに参加された方々に「こころの再生」を紹介するリーフレット等を
配付しました。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0811.html

○「『あいさつ運動』 能勢町あいさつキャラバン隊による啓発活動」を実施(能勢町)

能勢町では、昨年度より、「あいさつの町 能勢町」を合い言葉に、三カ年計画で『あいさつ
運動』に取り組まれています。2年目の今年は、町民への周知を図るため、8月8日(水曜)小・
中・高校生約50名からなる「能勢町あいさつキャラバン隊」が、町内の3カ所であいさつの
大切さを訴える啓発活動を実施しました。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0808_2.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

募集情報

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

●ふれ愛フェスティバル「本de親子のコミュニケーション ~読み聞かせ・朗読講座~」
参加者を募集しています。

本の読み聞かせや朗読を通じて、親子でふれあう時間をつくりませんか?

この講座では、読み聞かせの重要性やより効果的な朗読方法をお教えします。本を通じて
親子のコミュニケーションを深めましょう。

9月15日(土)【親子読み聞かせ講座】と22日(土)【スキルアップ講座】をどちらも大阪
府立中央図書館で開催します。

申込みの締切りは9月3日(月)です。

申込み方法など詳しくは、ホームページをご覧ください。

 http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0808.html

○感動体験談・ポスター募集

今年も、小中高校生を対象に、わくわくドキドキした体験や心あたたまる出来事などを
綴った感動体験談と「こころの再生」府民運動PR用のポスターを募集します。応募方法など
詳しくは、ホームページをご覧ください。

締切りは9月28日(金)です。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/topix/year_2007/week_2007_0701.html

○ごはんdeにっこり!コンテスト(サンケイリビング新聞社との共催事業)

 心温まる家族との「ごはん」シーンをエッセイや写真で表現しませんか?

 グランプリには5万円!

 「ごはんdeにっこり!コンテスト」では【ブログフォト部門】【ショートエッセイ部門】
の2部門の作品を全国から大募集しています!

 優秀作は11月下旬、リビング新聞(サンケイリビング社発行)ほかで発表予定。

 全国からの楽しい作品をお待ちしています。ふるってご応募を!

応募方法など詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

 締切りは9月22日(土)です。

 http://life-west.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/6206.html

○川柳コンテスト(毎日新聞社との共催事業)

 「ほめる」「笑う」「しかる」のいずれかをテーマに日常生活で感じることをあなたの川柳
で表現してください。今回は審査員に川柳作家のやすみりえさんをお招きし、グランプリには
大阪府知事賞として賞状と副賞をご用意しました。

応募方法など詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

なお、毎日新聞紙面でも紹介しています。

 締切りは9月28日(金)です。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/etc/senryu/

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「こころの再生」百人衆メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 吉永 みち子さん(ノンフィクション作家)

【子供は大人の世界を写す鏡】

再生とは、生き返ることです。

生き返るということは、一度壊れてしまったということになります。

悲しい出来事が起きるたびに、テレビの番組では、「少年たちの心の闇に迫る」
「なぜ命を大切にしないのか」「なぜすぐキレルのか」と大人たちは憂い顔で検証します。

その場に、私もいます。

そして、その度に、もし私が今を生きる子供だったらどんな思いで、子供たちを分析する
大人たちの言葉を聞くのだろうと考えてしまいます。

私が子供だったら、おそらく「よく言うよ」と怒るか、「何もわかってくれていない」と
ますます悲しくなるか、血の出るような思いで「こんな子供に誰がしたんだ」と叫びたくなるか。

そんな子供の私に、大人の私は思わずうつむいてしまいそうです。

命を大切にしなさいと言いながら、1年に3万人以上の人が自殺している国なんですから。

自殺も他殺も紙一重。

大人たちは命を大事にしていない。

思いやりの気持ちを育てたいという大人は、世の中にたくさんの孤独な高齢者を生み出して
いる。

公共のルールを守れていたら、駅前の違法駐輪から政官財の不正まで、山のようなルール
違反は起きない。

アカンことでも、バレなんだらOKという風潮だって蔓延している。

不正を告発したばっかりに、すべてを失ってしまう人の現実を見せつけておいて、正直さ
や勇気を真正面から言えない。

だからタテマエでしか子供と向き合えなくなってしまっているのでしょう。

子供は、大人の世界を写す鏡なのだと思います。

大人が曇っていれば、子供も曇る。

だから、子供がキラキラ輝くためには、大人がまず曇っている自分を何とかしなければ
ならないのだと思います。

小学校の時に「体育の先生になりたい」と元気に夢を語っていた少年が、中学校に入った
途端、将来のことを何も語らなくなりました。

「俺の成績じゃ無理なんだってさ」と言いました。

「簡単にあきらめちゃダメ」という励ましは、大人のタテマエにしか聞こえない。

だって、ホンネを言えば、現実はおそらく彼の言うとおりなのだから。

子供は、本来、生きる力にあふれているはずです。

なぜなら、たっぷりの未来があるし、やり直しできる時間だってある。

未来があるから、今を大事にできるのだと思うのです。 子供に生きる力がないというなら、
未来を感じられないからでしょう。

わずか12歳の少年に「もう俺の人生、知れたようなもんだよ」なんて呟かせてはいけない。

だから、再生の一歩は、子供たちに「ごめんね」と謝ることのような気がします。

大人たちがまず自分たちの姿を反省することから始めなければ、信じてもらえそうに
ありません。

信頼できる大人の言葉や笑顔は、きっと子供の心に沁みていくはずだと思います。

http://www.pref.osaka.jp/kyoisomu/kokoro/hyakunin/pro/yoshinaga.html

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベント情報!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

【あいさつ運動キャラバン隊】

○9月1日(土)に大日駅(大阪市営地下鉄谷町線・大阪モノレール)と河内天美駅
(近鉄南大阪線)で小中高校生のボランティアからなるあいさつ運動キャラバン隊が
出動します。みなさん見かけられたら声をかけてあげてください。(午前10時から11時まで)

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サポーターからの報告

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

全労済共済ショップ枚方では、8/27(月)に、「ひらかた発!夏休み!みんなで楽しむ
クラフト体験のわっ!」というイベントを開催いたしました。

夏休み中の子どもたちの元気な様子をとても微笑ましく拝見いたしました。

イベントの模様は、以下のホームページをご覧ください。

http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/343/

これからも、未来を担う子どもたちのために

地域協働で地道に活動を行っていきますので

よろしくお願いいたします。)

【全労済大阪府本部 共済ショップ枚方 黒松 様】

★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

編集者の一言

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

「こころの再生」府民運動は、大人にも、子どもにも今一度「7つのアクション」について
考えていただくことを呼びかける運動です。

そのため、今年は新たな取組みとして、子どもたちには「感動体験談」や「ポスター」、
大人の方々には「川柳」や「写真、エッセイ」というツールを使って、今一度自分自身や
家族のあり方を見つめていただくきっかけになればと思います。

私たち事務局としても、こころ暖まる作品をお待ちしています。

みなさんの家族、友達さらには大阪への熱い想いが子どもたちの明るい未来をつくって
いく・・・そんな「こころの再生」の運動にしていきたいと思います。

みなさんのご参加、ご応募をこころよりお待ちしています。

###########################################################################

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「ここねっと通信」は、「こころの再生」府民運動の情報をサポーターの皆さんと共有し、

ともに運動を盛り上げていくためにお届けするメールマガジンです。

また、このメールマガジンでは、「こころの再生」につながるような皆さんの日ごろの

取組みなども掲載していきたいと考えています。「私たちの取組みをもっとみんなに

知ってほしい」「近々、こんなイベントを開催します」などの情報がありましたら、

「こころの再生」府民運動事務局(kyoikuseisaku-g13@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで

お寄せください。

これからも、「ここねっと通信」をよりよくしていきたいと考えておりますので、

ご意見などがありましたら、どんどんお寄せください。お待ちしております。

登録内容の変更・配信停止の手続きは下記のアドレスにて

http://mm.kiis.or.jp/unsubscribe?mmid=iox0379

編集・発行:大阪府教育委員会事務局 教育政策室 総務企画課

 こころの再生グループ
府庁代表TEL:06-6941-0351(内線5469)

? e-mail:kyoikuseisakug13@sbox.pref.osaka.lg.jp


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ