HOME » 新着情報及びイベント情報等のお知らせ » 桃山学院大学からの報告を紹介します


新着情報及びイベント情報等のお知らせ

桃山学院大学からの報告を紹介します

 こころのサポーターに法人登録されている桃山学院大学から次のような報告がありましたので、紹介します。

 

【報告】

 427日(水)、525日(水)に、本学社会学部の学生リーダー育成プロジェクトと学生生活委員会のメンバーが、堺市教育委員会が実施している放課後児童対策事業である「堺っ子くらぶ」の児童を対象に「思いやりを育むプログラム」を実施しました。

 今年の「思いやりを育むプログラム」は、世界の遊びを通じて世界にふれあうことをテーマに掲げて活動します。初回の427日(水)は、遊びを通して相手のことを思いやる気持ちを育むべく、まず自己紹介のためのネームプレートを作成しました。児童たちは自分のネームプレートを熱心に作成し、友だちや学生に自己紹介していました。
 第2回の525日(水)は、イギリスのWhat’s the time, Mr. wolfとフィリピンのパティンテロ(どちらも日本で言う「鬼ごっこ」)という外遊びを実施しました。児童たちは初めて遊ぶゲームのルールをしっかり聞いて楽しく遊びました。異年齢の児童が遊ぶ中で、高学年の児童が低学年の児童にルールを教える姿がみられるなど自然と相手を思いやることができました。

 

 次回は、629日(水)に訪問する予定です。

 

▼桃山学院大学・社会学部学生リーダー育成プロジェクト Facebookページ▼

 

https://www.facebook.com/momoyama.s.leaders/








一覧ページへ戻る
こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ