HOME »  地域・企業での取組み »  パートナー協定制度 »  協定を締結している企業・団体(サービス業) »  株式会社りそな銀行


地域・企業での取組み

協定を締結している企業・団体

株式会社りそな銀行

りそなグループでは、次世代を担う子どもたちを地域社会と共に育むことは、企業の使命であると考え、銀行の持つ資産を活用した、様々な取り組みを行っています。



株式会社りそな銀行の取組み

取組み1 職場の子育て環境づくりを進めよう!

[平成30年度の取組み]
 
 社員食堂など多くの従業員の目に触れる場所に「こころの再生」府民運動ポスターを掲示するなど、従業員への啓発活動を行っています。

取組み2 ふれあいの場を提供しよう!

[平成30年度の取組み]
 
● 「こころの再生府民運動」推進イベントにて、「資本金を増やそうゲーム」を実施しました。これは、小学生を対象に投資・運用について知って頂くために簡単なゲームです。
 ルールは、与えられた資本金で設備投資、資金運用を行って資本を増やし、最後に一番資本を多く所持しているチームが優勝となるものです。
 
● 『りそなキッズマネーアカデミー』の開催
 毎年夏休み期間に全国で小学生を対象とした金融経済教室「りそなキッズマネーアカデミー」を開催しています。子どもたちにお金の大切さについてゲームやクイズを通して楽しく学んでもらっています。
 対象学年に合わせた様々なオリジナルプログラムを作成し、理解度に応じて楽しみながら学んでもらえるよう工夫をしています。
 また、地域の企業や団体とのコラボレーションによる独自のプログラムも多数実施しています。
 今年で14年目を迎え、これまでの参加者は約37,000名になりました。
 他にも、中学生を対象とした職場体験受入れや高校生を対象とした「エコノミクス甲子園」の地方大会主催など、これからの未来を担う子どもたちの育成に取り組んでいます。

取組み3 子どもをみんなではぐくみ見守ろう!

[平成30年度の取組み]
 
● 子ども110番
 子どもが犯罪に巻き込まれることを未然に防止することを目的に、2005年4月より、グループ銀行の有人店舗において、「こども110番」活動を実施しています。りそなグループの各銀行は17時(一部19時)まで営業していることから、児童・生徒の下校時に対応しています。

取組み4 学校へ行こう!

[平成30年度の取組み]
 
● 出張授業の実施
 りそなグループの社員が小・中・高校へ出向き、経済やお金の話、銀行の仕事の話などをわかりやすく解説・紹介する出張授業を実施しました。

取組み5 オリジナルの取組に挑戦しよう!

[平成30年度の取組み]
 
● 従業員のボランティア活動団体「Re:Heart倶楽部」の活動
 2012年10月、りそなグループ発足10周年を機に、りそなグループを支えてくださっている地域社会の皆さまに、改めて感謝の気持ちをお示ししたい、という想いで発足しました。地域の清掃や森づくり、イベントのサポート等のボランティア活動に積極的に取り組んでいます。
 
● 「りそな次世代応援プロジェクト」の実施
 「公益財団法人りそな未来財団」では、勉強を続けるために経済的な支援を必要とする子どもたちの支援や働くシングルマザーのキャリアアップサポート等を実施しています。



こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ

トップページへ