HOME »  地域・企業での取組み »  パートナー協定制度 »  協定を締結している企業・団体(飲食店) »  千房ホールディングス株式会社


地域・企業での取組み

協定を締結している企業・団体

千房ホールディングス株式会社

 お好み焼・鉄板焼の専門店として国内66店舗、海外9店舗、合計75店舗を展開し、マナア(真心=思いやりと奉仕の心・仲間=信頼と友情そしてファミリーの心・味=食哲学の革命それは味に楽しさを盛り込んだ心)の心を基盤におき食哲学の革命を目指し、将来にわたり、堅実な会社運営を行っています。



千房ホールディングス株式会社の取組み

取組み1 職場の子育て環境づくりを進めよう!

[平成30年度の取組み]
 
【職親プロジェクト活動の推進】
● 刑務所、少年院等を出所した元受刑者を現地にて面接のうえ採用し、衣食住を提供するなど親代わりにお世話することにより、本人の社会復帰と成長を図っています。
● 平成21年に一人目を採用して今日までに34名を採用。今後とも積極的に活動を展開します。
● 弊社からの呼びかけに共感し、全国で参加企業が110社を超えるまでになりました。
 
(参考) 再犯率約48%(受け皿無きため、2人に1人逆戻り)

取組み2 ふれあいの場を提供しよう!

[平成30年度の取組み]
 
【大阪児童福祉事業協会(アフターケア事業部)の活動への協働】
● 大阪演芸文化の復活を意図した弊社が主導する「関西演芸推進協議会」の「関西演芸しゃべくり話芸大賞」(昨年10月で第7回目)に児童養護施設より毎年50名の児童を招待。大いに明るく笑う中で児童の自立支援を図っています。

取組み3 子どもをみんなではぐくみ見守ろう!

[平成30年度の取組み]
 
● 児童養護施設より児童を受け入れ、店舗勤務を通じて本人の自立を支援しています。
● こうした法人アフターケア事業部の活動への日頃の協働に対し、「大阪府知事感謝状」を頂戴する予定です。(平成31年2月24日)


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ

トップページへ