HOME »  地域・企業での取組み »  パートナー協定制度 »  協定を締結している企業・団体() »  一般社団法人ヒュッゲ美育協会


地域・企業での取組み

協定を締結している企業・団体

一般社団法人ヒュッゲ美育協会

「美と健康」「美と教育」「美と福祉」の3本柱で社会に貢献する団体です。



一般社団法人ヒュッゲ美育協会の取組み

取組み1 職場の子育て環境づくりを進めよう!

[平成30年度取組み]
 
 協会所属講師の特性を活かしたイベント企画ができるように、講師の得意分野を明確にし、成長期にそった美育活動ができるよう工夫しました。(幼児期、児童期、学童期 思春期 青年期の区分別に、美育活動内容と担当講師の配置がマッチングするよう整え、参加できるイベント分野を広げました)

取組み2 ふれあいの場を提供しよう!

[平成30年度の取組み]
 
● 「美」をテーマに五感をフル活用した活動を行いました。視覚では色彩心理だけでなく新たに「勝ち色」に取り組みました。自分の勝ち色を見つけ未知数の自分の力を発揮できる試みです。五感の力を使ったアプローチとなります。
 
● 中学生から高齢者まで多数参加できるイベントを開催しました。

取組み3 子どもをみんなではぐくみ見守ろう!

[平成30年度の取組み]
 
● 個性・適性を伸ばし、進路決定に導く講座を開講しました。「顔学入門 マナー講座」
 
● 高校生対象のマナー講座を開講しました。(自分の顔と向き合う授業)
 自分の顔に自信をもち、人に自分はどう見られているのかを考えるものです。
 自分の個性を認め、適性を知ることで今の自分だけでなく近い将来をイメージし、今何をすべきなのかに気づくことを目的とした講演を開催しました。


取組み4 学校へ行こう!

[平成30年度の取組み]
 
 高校一年生対象の美容ボランティア講座を開講しました。
 「老いる」を学び、自分たちの手が人を美しく元気にすることを体感しました。実際に老人福祉施設を訪れ、高齢者と直に触れ合うことで今自分ができることを見つけるものです。
 ハンドマッサージやドライマッサージなどのノンバーバルなコミュニケーションをとりながら利用者からの声を聴き今の高齢社会の現状を知ることができました。高齢者施設で働く人々とも交流を深め、今何が必要なのかを考えることになったと思います。

取組み5 オリジナルの取組に挑戦しよう!

[平成30年度の取組み]
 
 美容の専門学生や介護医療関係者への講習会を積極的に開講しました。
 福祉や医療の業界で美容の技術を取り入れ、現在のケアの方法の改善やアプローチに活用することを提案しました。スキンケア、ボディーケア、安全なネイルやメイクまでを学ぶ講習会を数多く開催しました。


こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ

トップページへ